FC2ブログ

    子宮癌検診 ’18

    私の住む自治体では、子宮頸がんの検診を
    2年に1度、低額で受けられる。
    卵巣はもう無いが、子宮がまだ残っているので
    季候の良い今のうちに、検診を受けておこう。

    思い立ったが吉日!というわけで
    一昨年も検診してもらった、近所の産婦人科へ。 
    検診は予約制の所が多いが、こちらは不要。
    何時でも受けられるのは、本当に有難い♪

    問診で、この2年間の変化を聞かれたので
    強皮症の発病と卵巣摘出の件を話した。
    先生は、それらをカルテに書き込みながら
    主に手術について、幾つか質問をされた。

    その後、「子宮体癌が増える年齢なので
    そちらの検査も受けますか?」と言われた。
    従姉が、50代で子宮体癌の手術を受けており
    私も気になっていたので、二つ返事でお願いした。

    検査の後、今度は私から二つ質問をした。
    1.長引く浮腫みは、更年期の症状の一つか?
    2.骨量の低下は、卵巣摘出が原因か?
    答えは、1→NO/2→原因は1つではない。

    先生によれば、更年期という理由だけで
    浮腫むことはなく、何か他に原因があるという。
    骨粗鬆症は、私のレベル(同年代の89%)なら
    心配いらないが、生活改善で増やすのも難しいそうだ。

    今まで、子宮に問題が起こったことは無いけれど
    もともと癌の多い家系だから、油断できない。
    とはいえ、心身ともに負担のある検診。
    何歳まで受けないといけないのかなぁ・・・?
    関連記事
    スポンサーサイト
    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示