FC2ブログ

    右下腿の打撲

    実家の玄関前の階段で、父と共に転倒した瞬間
    右下腿に激痛を感じた。イダダダダーーーー!!!
    父の身体の重みで、階段の角に押し付けられている。
    早くどいてぇ~と叫んでも、認知症の父には通じない。

    転倒のショックもあって、自ら起き上がることが出来ず
    母がとんできて、父の身体をどけてくれるまでの時間が
    途方もなく長く思われた。 そっと右足を動かすと
    案の定メチャクチャ痛い・・・まさか骨折?!

    実家には車で来ていたが、自ら運転すると危険なので
    ダンナに迎えに来てもらい、そのまま整形外科に直行した。
    ダンナの見立てでは、骨折は無さそうだと言う。 
    ホント? 打撲なら、せいぜい1週間で治るだろう。

    あいにく、掛かりつけと呼べる所が無いので
    最近ご近所さんから聞いた、新しい医院に向かった。
    連休明けで患者が多く、しばらく待たねばならない。
    患部に湿布を貼っていたが、足が浮腫んで痛かった。

    ようやく名前を呼ばれ、右足を引きずりながら診察室へ。
    先生は、30代後半ぐらいの男性で
    X線撮影の結果、「骨には異常なし」と診断された。
    良かったぁ~♪ さっそく、実家の母に電話した。

    あれから二日経つが・・・まだ満足に動けない。
    右下腿はパンパンに膨らみ、ツボを押すと右足だけ痛む。
    骨は無事でも、筋肉や神経にとっては大事故で
    そこら中、赤信号が点滅しているようだ。

    処方薬:
    ロキソプロフェンナトリウム錠60mg 「日医工」
    レパミピド錠100mg 「オーツカ」
    ロキソプロフェンNaテープ100mg「NP」
    関連記事
    スポンサーサイト
    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示