FC2ブログ

    酷い頭痛(3)

    2~3日前から、手足の浮腫みが強くなり
    昨夜になって、後頭部に鈍痛を感じ始めた。
    大きな低気圧が近づいているせいだろう。
    念のため、「五苓散」を飲んで寝た。

    明け方、頭が破裂しそうな気がして目が覚めた。
    上半身を起こすと、頭頂から液体状の何かが下がり
    少し頭痛が緩和した。 血圧を測ると、上135/下88。 
    早朝にしては高い。確か前にも似たようなことが・・・。

    予定なしの前回と違って、今日は母の通院日。
    いつも車で迎えに行き、父も一緒に連れて行く。
    認知症の父は、一人で留守番出来ないし
    父を同伴させるのは、母にとっても大変だから。

    出かける前に、再度「五苓散」を飲んだので
    前頭部は、殆ど痛みが無くなったが
    後頭部の重苦しい痛みが、まだ取れない。
    今回も「葛根湯」を追加したら、なんとか治まった。

    両親を実家に送り届けて間もなく、酷い豪雨に!
    慌てて帰宅の途についたが、ワイパーを最高速にしても
    前を走る車と信号以外、殆ど何も見えず怖かった。
    もし頭痛が続いていたら、帰れなかったかも・・・。
    スポンサーサイト

    眼科受診

    ドライアイの目薬が無くなったので
    B眼科を受診して、処方してもらった。
     眼圧測定 →右12、左12
     眼底検査 →問題なし
     
    眼圧も測定したが、安定している模様。
    最近、起床時の血圧が少々高いので
    眼圧に連動しないか聞いたが、無関係とのこと。
    以前も同じ質問をしたので、またかと思われたかも?

    続きを読む

    健康的な痩せ方

    ダンナが、ギックリ腰をきっかけに太ったので
    自ら「ロカボ」、いわゆる低糖質ダイエットを始めた。
    もともと、メタボに片足を突っ込んでいたので
    諸手をあげて大賛成、出来る限り協力した。

    それから約2か月、ダンナは5kgの減量に成功!!
    私と違って運動好きなので、坐骨神経痛を堪えつつ
    ウォーキングや腹筋運動で、足腰を鍛えている。
    まだ折り返し地点だが、今のところ前途は明るい♪

    ロカボの問題点を、強いて挙げるとすれば
    お財布には決して優しくないことだろう。
    米飯を減らす分、肉や魚を増やさねばならないし
    市販の低糖質パンや麺類は、結構高い。

    おまけに、糖質に関する知識が増えるにしたがって
    使える食材の幅が、だんだん狭くなっていく。
    一部の根菜や豆類、春雨や餃子の皮もダメだというので
    ちょっと面倒くさくなってきた今日この頃・・・。

    不健康な痩せ方

    強皮症が発覚してから、1年で3kgほど痩せた。
    常日頃、栄養バランスには気をつけているが
    食事の量や内容は、さほど変わっていないので
    大好きな牛乳を減らしたせいだと思う。

    痩せたといっても、バストとヒップが萎んだだけ。
    下腹ポッコリと太腿ムッチリは、そのままなので
    むしろ前より目立って、見られたものではない。
    不健康な痩せ方で体形が崩れる、典型例だろう。

    見た目の問題以上に困っているのは
    お尻の脂肪や筋肉が減ったため
    硬い椅子や床に座ると、坐骨に当たって痛いこと。
    自宅はともかく、外出先で悩みの種になりそうだ。

    顔の発疹(2)

    先日の顔の発疹は、幸い二日ほどで治まった。
    赤味や肌荒れ等の気になる痕跡も、殆どない。
    原因は不明だが、全く痒くなかったので
    少なくとも痒疹ではなさそう。

    発疹が出る前は、洗顔後の肌に突っ張りを感じ
    顔と手を、乾燥肌用の乳液でケアしていた。
    発疹が出てから止めたが、突っ張りを感じないので
    肌質の変化に気付かず、保湿過剰になっていたのかも?

    今朝、ベランダで鉢植えに水やりをしていたら
    久々に顔面が突っ張るのを感じた。
    短時間なので、つい紫外線対策を忘れてしまう。
    これも発疹の原因かな・・・気をつけないと!

    通導散合防風通聖散合桂枝茯苓丸合温清飲

    少し早いが、来月分の漢方薬を買いに行った。
    ここ最近、目や皮膚のトラブルが相次いだので
    薬局で話したいことが山ほどある。
    これらの症状は、強皮症のせいなのか?

    薬剤師の先生は、毎回1時間近くかけて
    まとまりのない私の話を、注意深く聞き取り
    カルテに記入し、必要に応じて質問を加え
    現状を分析し、わかり易く説明してくれる。

    今回も、右前腕の湿疹の痕跡を見て
    「寝ている時にダニに噛まれたのかも?」と
    医学書を取り出し、写真を見せてくれた。
    あっ、そっくり! そこには「痒疹」の文字も。 

    寝室にダニがいるかもしれない事実は
    嬉しくないけれど、強皮症の悪化を心配したり
    また別の厄介な病気か?と悩むより
    ダニに食われたと思う方が、どれだけ気楽か・・・。

    さて今回は、眼の症状のこともあってか
    瘀血を取り除く成分を、増やすことになったのだが
    処方名を見ると、防風通聖散も加わっていた。
    体内の熱を冷ますので、皮膚炎や湿疹に効くようだ。

    薬剤師の先生の丁寧なカウンセリングと
    オーダーメイドの薬による心身のサポートは
    ほんの僅かな可能性であっても、希望につながる。
    費用がネックだけど、これからもお世話になりたい。

    ドライアイの再発

    新しい目薬を毎日差すようになってから
    ドライアイが治まり、快調だったが
    最近、皮膚トラブルが立て続きに起こり
    それと連動するかのように、乾燥が再発した。

    一連の皮膚トラブルを振り返って見ると
    明らかに慢性炎症っぽい症状ばかり。
    涙の分泌力低下が目を傷める、と思っていたが
    先に炎症があって、涙が蒸発するのだろうか?

    顔の発疹(1)

    何気なく頬に触れて、違和感を覚えた。
    ザラザラ・・・えっ・・・今のは何???
    鏡を見ると、目尻から頬全体にかけて
    薄い赤味を帯びた数多の発疹が!!

    今回は、思い当たるようなストレスは無く
    昨日から家にいるので、ノーメイク。
    強い日差しは浴びていないし
    特に変わったものも食べていない。

    となると、ホルモンバランスの崩れによる
    更年期ニキビか? ちなみに痒みは全く無い。
    なぜか突然ドライアイが悪化したので
    もしかしたら、酒さかもしれない。

    活動性亢進?

    このところ、体調のすぐれない日が続いている。
    今朝は、いつもの時間に目覚めたものの
    脳貧血なのか、どうしても起きていられず
    トイレを済ませた後、また3時間も寝てしまった。

    再び目覚めた後、体重と血圧を測ったら
    体重はほぼ同じだが、血圧が少々高め。
    最近軽減していた手足の腫れが復活し
    左手中指の先には、叩くと痛い場所がある。

    春夏は、レイノーが無いので安心していたけれど
    強皮症の活動性は、むしろ亢進しているような・・・。
    発病に気づいたのが、ちょうど去年の今頃だから
    神経過敏になってるのかな?

    肌の乾燥

    発疹の件に絡んで気づいたのだが
    肌の乾燥が進んで、潤いや弾力が激減している。
    特に、肘から先と膝から下は、きめが粗くなり
    時には突っ張るような感覚もある。

    私の場合、原因は加齢だけではない。
    卵巣を摘出したので、女性ホルモンが出ないし
    強皮症により、内側からもダメージを受けている。
    日課にしているHSP入浴法も、肌には少々負担かも?

    こんな状況では、無事でいられるわけがない。
    むろん、顔や手には保湿ケアをしているが
    どこまで範囲を広げるかは、悩ましいところ。
    このままでは、実年齢より相当早く老けそう・・・。

    右前腕に発疹(4)

    受診日の翌朝、湿疹の勢いが止まったのを感じた。
    30個ほどの小さな赤い水泡は、徐々に痒みが弱くなり
    やがて小さな赤い点々と化し、すっかり枯れた感じに。
    痒すぎて目覚めた先日の記憶が、まるで嘘のようだ。

    今回の発疹は、ストレスによるものと確信しているが
    皮膚科を受診した安心感から、免疫力が復活したのか?
    それとも、ステロイドに対する拒否感が強すぎて
    結果的にストレスの悪影響を抑え込んだのか? 

    右前腕に発疹(3)

    C病院から帰宅後、処方された薬について調べたところ
    痒みを抑える抗ヒスタミン剤(第二世代)と
    ステロイド軟膏(強さは5段階の上から2番目)であった。
    皮膚科では、いずれもオーソドックスな薬らしい。

    ステロイド入りかぁ・・・少なからず抵抗を感じる。
    怖い薬というイメージと、緑内障悪化につながる不安だ。
    病院と薬局で確認して、大丈夫だと分かっているけど
    気持ちの問題だから仕方がない。

    お風呂上りに右前腕を見ると
    湿疹の数は減っていないが、何となく勢いが衰えて
    痒みが弱くなったような気がした。
    この分なら、薬を使わずに済むかもしれない。

    右前腕に発疹(2)

    早朝、右前腕の強い痒みで目が覚めた。
    昨日は、そこまで酷くなかったのに・・・。
    このまま様子を見ても、不安が増すだけなので
    強皮症を診てもらっているC病院の皮膚科へ。

    予約外の診察には、所定の申込手続きが必要だ。
    希望の科と担当医師名を書いた問診票を提出したら
    「〇〇先生は、今日いらっしゃいませんよ」 えっ?!
    聞けば、火曜日の外来は隔週だとか・・・ガックリ。

    仕方なく、どの先生でもOKということにして
    到着から1時間半後に、ようやく診察にこぎつけた。
    内科や産婦人科だと2~3時間待ちはザラだから
    皮膚科は、まだマシな方である。

    今回は女医さんで、20代後半~30前後といったところ。
    右前腕の視診・触診の後、幾つか問診が続いた。
    直射日光を浴びたか? 大量の汗をかいたか?
    植物等に触れる機会はあったか? などなど。

    結局、ハッキリした原因は分からず
    湿疹ということで、飲み薬と軟膏を処方された。
    免疫力低下による帯状疱疹や感染症を案じていたが
    否定されて一安心♪ やっぱり来て良かった。

    続きを読む

    右前腕に発疹(1)

    一昨日、右の手首から肘にかけて
    赤い発疹がチラホラ・・・痒みは無し。
    これまでも、たま~にそんなことがあった。
    原因は不明だが、たぶんストレスだと思う。

    昨夜、右腕の発疹が少し増えたように感じた。
    これまで、そんなことは無かった。
    よく見ると、左側にも2~3個あるようだ。
    気になったが、痒くないので放っておいた。

    今朝になると、右腕の発疹がさらに広がり
    痒みも、若干加わった。むむむ。。。
    皮膚科を受診すべきだろうか?
    それとも、一日様子を見ようか?

    受診するなら、強皮症のC病院に行くのが妥当だが
    今日は担当の先生が外来にいない。
    それに、発疹は強皮症と無関係かもしれないから
    地元の皮膚科に行く方が良いのかも?

    結局、痒みがさほど強くないので
    もう一日様子を見て、判断することにした。
    悪化すれば、明日C病院に行く予定。
    どうか、自力で治りますように~~~~!!!

    牛乳の飲みすぎ

    手指の中に、石灰の粒が幾つもあると分かったのは
    去年の今頃だった。
    その時、私の頭に真っ先に浮かんだのは
    「牛乳の飲みすぎが原因では?」ということであった。

    なぜなら、私は子供の頃から牛乳が大好きで
    乳製品は婦人科系の病気に良くないと
    漢方薬局で言われたにもかかわらず
    毎日600ml以上、水代わりに飲んでいたから。

    牛乳の飲みすぎ→カルシウム過剰→石灰沈着
    今振り返ると、何とも単純な発想だが
    さすがに飲みすぎの自覚はあったので
    後ろめたさから、そんな風に考えたのだろう。

    その後、石灰沈着の原因が強皮症だと分かったので
    骨密度のことも考えて、毎日200mlぐらい飲んでいる。
    私にとって、牛乳は身体に良いのか悪いのか・・・?
    何の憂いもなく、好きなだけ飲んでいた昔が懐かしい。

    ドライアイが改善

    先日、眼科で処方された新しい目薬を
    一日4回、食事前と就寝前に差すことに決めた。
    外出の際は、持ち歩くのが面倒だけど
    きちんと差し始めた途端、症状がみるみる改善!

    但し、それが新しい目薬の効果なのか
    単に目薬をさす回数が増えたせいなのか、定かではない。
    (効果が出るまで、2~3週間かかるはずなので)
    前の目薬も、毎日きちんと使えば良かったな。

    両足の甲の痛み

    入浴中、手指と足指をマッサージしていたら
    両足の甲の同じ部分に、強い痛みを感じた。
    親指と人差し指の骨に挟まれた一帯で
    経絡でいうところの「太衝」周辺である。

    そこで、痛む場所が示すものをネットで調べるうちに
    「経絡療法」と「足ツボ療法」が、別物であると知った。
    今まで混同していたが、前者は伝統的な東洋医学で
    後者はリフレクソロジーという米国発祥の治療法である。

    もっとも、一口に足ツボといっても英国式・台湾式など
    色々あって、東洋医学だと書かれたサイトも多く
    経絡・経穴と混ざり合って、違いが判らなくなってきた。
    この際、細かいことは気にしないでおこう。

    今回痛む場所は、胸部リンパ腺の反射区で
    逆流性食道炎・胸やけ・風邪の初期症状などに効く。
    足の裏側から見ても、食道や甲状腺に該当する所。
    そういえば、数日前みぞおちがシクシク痛かったっけ・・・。

    食道絡みであることは、どうやら間違いなさそうだ。
    あれから自覚症状は無いけれど
    逆流性食道炎は、強皮症に頻発する合併症の一つ。
    両足の甲の痛みは、体内からの警告だろうか?

    眼科検診(21)

    B眼科にて、定期検診
     矯正視力測定 →両眼とも1.2
     眼圧測定    →右14、左12
     眼底検査    →問題なし
     視野検査    →右やや悪化、左問題なし
     
    半年ぶりの視野検査で、右目の成績が落ちていた。
    ドライアイのせいで、目を開け続けるのが辛く
    検査中、何度も瞬きしたせいかな?
    だが、同じくドライアイの左目は、異常無し。

    認めたくないけど、右目が悪化したということか・・・。
    先生は、以前もっと悪い時もあったから
    あまり気にしないように、と仰ったが
    起床時の酷い頭痛など、心当たりが有りすぎる。

    ドライアイの件は、涙が出にくいことを訴えて、目薬が変更に。
    新しい目薬は、涙の分泌を促すタイプで即効性は無いが
    使い続けるうちに、だんだん効果が現れるとか。
    毎日4回も差さなければならないので、ちょっと面倒だ。

    処方箋を薬局に持参すると、担当の薬剤師さんに
    「前のドライアイの目薬、毎日3回差していましたか?」と聞かれて
    「いえ、ドライアイが酷い時だけ」と答えた。
    目薬に限らず、必要以上に薬を使うことに抵抗があるから。

    薬剤師さんによれば、きちんと目薬を差していたら
    ドライアイが悪化せずに済んだかもしれないそうだ。
    ガーーーン! 目を甘やかしたらダメだと思っていたのに・・・。
    ちなみに、前のドライアイ用目薬も併用可能とのこと。

    次回は、また2か月後。
    (ドライアイの診察は、目薬が無くなり次第)


    続きを読む

    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示