FC2ブログ

    右手・中指と薬指に強張り

    毎朝、両手を握って浮腫み具合を確認しているが
    右手の中指と薬指の第二関節に、妙な強張りも感じた。
    昨日、右手で植木鉢を持ち上げたからかな?
    ちなみに、左手は浮腫みだけ。また心配になる・・・。
    スポンサーサイト

    動悸と不整脈と腰痛と(1)

    最近、動悸と不整脈が頻繁に起きる。
    時には数時間続くこともあり、結構キツイ。
    それから、生理痛に似た腰痛も。
    更年期障害か・・・まさか卵巣じゃないよね?

    心配事が次々に重なったら、ストレスで潰れるんじゃないかと
    傍目には思われるかもしれないが
    一つに集中できないので、むしろ精神的に麻痺してくる。
    その分、身体に負担が掛かっているのだろう。

    左手・親指と人指し指に痛み

    仕事中、重いバスケットを両手で持ち上げた時
    左手の人差し指、第一関節の親指に近い側と
    相対する親指の腹側に刺すような痛みを感じた。
    半日で消えたから良かったが・・・石灰石のせいかな?

    両手に浮腫み

    起床時に、両手に浮腫みを感じるようになった。
    このところ、毎朝である。
    図書館で借りた膠原病の本によると
    強皮症の初期症状の一つかもしれない。

    苓桂朮甘湯合小青竜湯加杏仁石膏

    半月ほど前に、ダンナが突発性難聴になった。
    原因不明の病気で、適切な治療を受けても
    完治の確率は1/3という難病である。
    発病後一か月を過ぎると、回復は見込めないとも。

    ダンナは持病があるため、ステロイドの点滴治療ができず
    耳鼻科で処方されたのは、血行を良くするビタミン剤だけ。
    明確な原因も、確実に治る西洋薬もない病気。
    こんな時こそ漢方薬の出番である。

    ダンナ自身は、私ほど漢方薬に傾倒していないが
    葛根湯や五苓散など、証を選ばず使えるものを
    症状に合わせて服用している。
    ある程度、効果を実感しているからだろう。

    漢方薬局の先生は、ダンナに幾つか問診した後
    耳の詰まりや耳鳴りに効く薬を2週間分、調合してくれた。
    「苓桂朮甘湯合小青竜湯加杏仁石膏」とは
    水毒を治す処方であろう。何とぞ効きますように・・・。

    巻き爪で化膿?

    C病院の手外科を、2度目の受診。
    静脈奇形と全身性強皮症の可能性を、先生に尋ねた。
    静脈奇形については「表面に静脈が見えず該当しない」と否定、
    強皮症は「前回の検査に膠原病の項目がないので不明」とのこと。

    さらに、半月前の、左手・人差し指の爪際から
    白っぽい固形物や液体を排出した件を話したところ
    巻き爪による化膿の可能性を指摘され
    このあと皮膚科に回されることに。

    爪際からの石灰成分排出は、1週間以上前のことで
    傷口はすっかり治っているし、そもそも巻き爪ではない。
    化膿しただけで指先に石が出来るんですか?と聞いたら
    「それはない」って・・・先生、何だか迷走気味。

    続けて受診した皮膚科では、2~3年目の若い先生が登場し
    巻き爪による化膿の可能性を、即座に否定。(やっぱり!)
    こちらの希望もあり、膠原病の血液検査を受けた。
    ちなみに、先月の血液検査は異常なし。

    次回は、一か月後。

    続きを読む

    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示