FC2ブログ

    食後の3時間

    食物の消化には、最低3時間かかるとか。
    私は、よほど体調が悪くない限り
    それより早く寝ることは無いのだが
    昨夜は残業で、夕食をとるのが遅くなった。

    翌日(つまり今日)は休みだから
    3時間ぐらい起きていられる、と思ったが
    食後の眠気に疲労が重なって
    次第に気が遠くなり、約2時間でギブアップ!

    夜中に目が覚めて、トイレに行った。
    尿意で起きるのは、よくあることだが
    何故か思ったほど尿が出ず、代わりに
    みぞおちの辺りを、何かが通過していった。

    目覚めたのは、胸苦しかったからかも・・・?
    おそらく、身体を起こすことで、無意識に
    胃の中の渋滞を、解消させたのだろう。
    帰宅の遅い日は、夕食を少し減らそうかな。
    スポンサーサイト



    左手薬指の腫れ(4)

    化膿した左手薬指の治療のために
    処方された、6日分の抗生剤。
    今朝、最後の1回分を飲み切った。
    あ~、終わった、終わった♪ 

    すっかり治った気になり、解放感に浸っていたが
    ゴム手袋をはめ、台所で洗い物をしている最中
    患部をどこかにぶつけた。 痛っっっ!
    指先の絆創膏を外すと、傷口から膿が・・・。

    えっ、また??? うそ~~~!!!
    浸出液が後に続いて、ふと疑念が湧き起こる。
    皮下石灰から表皮まで、貫通するのに約3年。
    そんなトンネルが、すんなり閉じるだろうか?

    左手薬指の腫れ(3)

    左手薬指の件で、C病院の皮膚科を再診。
    昨夜あたりから、かなり腫れが引いて
    傷口の穴も、見た目はそう悪くない。
    これで一応、治癒したことになるみたい。

    とはいえ、指先に触れると、まだまだ痛い。
    皮膚の過敏な状態は、しばらく続くとのこと。
    時々、指の奥に感じるチクチクした痛みも
    そのせいなのかな・・・?

    指先に石灰がある限り、再発の可能性がある。
    自宅での応急処置について、質問したが
    化膿したら、抗生物質の服用が必要なので
    自分で出来ることは無いようだ。

    今回のように休診日に発症した場合
    近所の皮膚科が開いていれば、そこへ。
    それが無理で、発熱したら、救急外来へ。
    熱がなければ翌日受診を、と言われた。

    最後に、左側口角の痛みも診てもらったが
    既に治りかけらしく、治療の必要は無し。
    抗生剤の副作用や口唇ヘルペスを
    心配していたので、ホッとした。

    口唇の異変(5)

    指先の激痛で、気にする余裕も無かったのだが
    数日前から、左の口角が痛くて口を開けにくい。
    口角炎・・・ビタミン不足か? アトピーか? 
    抗生剤を飲む間、漢方薬を休んでいるせいか?

    そこに、ダンナが「口唇ヘルペス説」を唱えた。
    むむむ・・・確かに、そう見えなくもない。
    いつもなら、前兆の段階で気が付くのだが
    今回は薬指が痛すぎて、分からなかったかも?

    結局、どちらとも判断しかねたので
    ヘルペス用軟膏を塗り、ビタミン剤を飲んだ。
    いずれにしても、免疫力低下によるものだ。 
    左手の化膿の、思わぬ合併症(?)である。

    左手薬指の腫れ(2)

    相変わらず腫れている、左手の薬指。
    少し寝坊して、抗生剤の服用が遅れたせいか
    チクチクする痛みを感じる。 絆創膏を外すと
    傷口から、また浸出液が滲み出ていた。

    傷口の表面は、塞がってきたように見えるが
    元々そこは、石灰の塊が埋もれている場所。
    今回治っても、いずれまた穴が開いて
    化膿を繰り返すような気がする。

    左手薬指の腫れ(1)

    抗生剤を飲んで、まる三日が過ぎた。
    当初の絶え間ない激痛こそ治まったが
    左手の薬指は、まだ腫れが続いていて
    先端の傷口も、塞がっていない。

    患部の周辺は、とても敏感になっていて
    ウッカリぶつけると、悶絶する痛みだし
    チクチクした自発痛も、たまに有るけれど
    そろそろ、鎮痛剤を飲まずに過ごしたい。

    今回の件で、あらためて気付いたのは
    指先の安静を保つのが、とても困難であること。
    何度も患部を傷めて、今朝はとうとう出血したので
    ゲンダシン軟膏(抗生物質含有)を塗った。

    左手の薬指なんて、使用頻度から言えば
    両手10本中、最下位だと思っていたが
    家事や仕事で、どうしても使わざるを得ない・・・。
    それとも、私がそそっかし過ぎるのだろうか?

    左手薬指の激痛(4)

    C病院から帰宅後、とるものも取り敢えず
    処方された抗生剤を服用して、ホッとした。
    薬指の腫れも、これで治るだろう・・・。
    ところが、夜になって再び悪化!

    診察の際、傷口は固まっているように見えたが
    入浴すると、皮膚がふやけて傷口が開いた。
    腫れが引かないのは、化膿が続いている証拠。
    激痛が起こる前に、溜まっている膿を絞り出した。

    主治医の先生に、何も塗らなくて良いと言われたが
    開いて浸出液が滲んでいる傷口に
    絆創膏を直に当てるのは、少々躊躇われる。
    ちょっと迷ったが、紫雲膏を塗った。   

    抗生剤を飲んで、既に8時間は経っている。
    どれぐらいで、効いてくるのだろう?
    初めての症状なので、見当がつかない・・・。
    処方箋は6日分、それぐらい掛かるのかな?

    左手薬指の激痛(3)

    昨夜は、鎮痛剤のおかげで眠れたが
    炎症の徴候が、相変わらず続いており
    こじらせて潰瘍になったら大変なので
    強皮症を診てもらっているC病院の皮膚科へ。

    むろん、予約外受診だが、主治医の先生が
    外来の初診担当日で、あまり待たずに済んだ。
    今日は、あえて鎮痛剤を飲まずに来たから
    長々と待つのは辛い。 ラッキーだった。

    先生に、一昨日からの経緯を説明し
    絆創膏を剥がして、薬指を見せたところ
    「黴菌が入って化膿したんですね」と言われ
    傷口の皮膚を、ピンセットで確認された。

    治療は、抗生物質の服用のみ。
    問題の指は、傷口が既に閉じているので
    軟膏は不要、自然に治るのを待てば良いとか。
    再び傷口を絆創膏で保護して、診察終了。

    抗生物質を飲むと、腸内細菌が全滅する。
    残念だけど、背に腹は代えられない。
    薬指の穴は、また膿が溜まったら
    どうなるか不安だ。 5日後に再診の予定。

    左手薬指の激痛(2)

    夜になっても、左手薬指の腫れが治まらず
    激痛のあまり、身を震わせて呻いていたところ
    見かねたダンナに、痛み止めを飲めと言われた。
    消炎鎮痛剤! 滅多に飲まないので忘れてた・・・。

    「薬は身体に良くない」と言われて育ったので
    (おそらくピリン系薬剤のことだと思われる)
    鎮痛剤を使うのは、頭痛と大怪我の時ぐらい。
    それも、社会人になってからのこと。

    だから、飲む機会は少ないのだが
    以前、ロキソニンの副作用で痛い目を見たので
    肋骨骨折の際、カロナールを処方してもらった。
    当時は使わずに済んだが、ついに出番が来たのだ。

    カロナールは、比較的作用が穏やかだというが
    30分も経たないうちに、腫れが引くのを実感した。
    さすが! もっと早く使えばよかった!!
    今のうちに、お風呂に入ってしまおう♪

    湯船の中で、再び左手薬指をしげしげ見たら
    中央に開いた1ミリの穴から
    黄色っぽい何かが、僅かに顔を出している。
    ギュッと押し出したら、ムニュッと飛び出てきた。

    最初、液状石灰かと思ったが、違うようだ。 
    目いっぱい絞り出したら、半透明の液体に変化。
    おそらく傷口が開いて、排膿したのだろうが
    まだまだ膿が溜まりそうな感じ。 トホホ・・・。

    左手薬指の激痛(1)

    昨夜、左手薬指先端に開いた穴
    透明の液体が滲み出ていたが
    今まで同様、触らなければ痛くない。
    それでも、念のため絆創膏を貼って寝た。

    目が覚めたら、いきなり患部に激痛が!!!
    早朝は、特に手が浮腫んでいるので
    傷を圧迫しているのかと思ったが
    浮腫みが緩んでも、痛みは増すばかり。

    むむむ・・・これは、いよいよ潰瘍か?
    以前、潰瘍が出来たらすぐに受診するように
    主治医から言われ、判断の目安を聞いたら
    夜眠れないほどの痛み、とのことだった。

    あいにく休日なので、病院は開いてない。
    傷口からの感染なら、抗生質剤入軟膏の方が
    良いのかもしれないが、C病院で処方された
    潰瘍治療用軟膏を、とりあえず塗っておく。 

    今夜眠れるかどうかは分からないが
    炎症の4徴候が明らかに見られる。 
    たった一夜で、こんな大ごとになるなんて!
    ほんの1ミリの穴なのに・・・。 

    左手薬指に、φ1ミリの穴

    強皮症発覚のきっかけの一つは
    左手薬指先端の、チクチクした痛みであった。
    皮下に、液状の石灰が溜まって固まり
    中央にφ1ミリほどの芯が出来た。

    そこが徐々に白さを増し、圧痛も強まった。
    皮膚の表面に移動している証拠である。
    上手くいけば、石灰を経皮排出できるかも!
    全部は無理だろうが、せめて芯だけでも・・・。

    ずっと、そんな風に考えていたのだが
    入浴中ふと左手を見ると、薬指先端の芯が取れて
    小さな穴が開いていた。 えっ?いつのまに・・・。
    素直に喜ぶべき? 潰瘍にならなきゃ良いけど。

    眼科検診(31)

    B眼科で、定期検診。
     矯正視力測定 →両眼とも1.2
     眼圧測定    →右11、左11
     眼底検査    →問題なし
     視野検査    →やや改善

    事前に、ドライアイの目薬を点し忘れて
    コンディションがあまり良くない中
    次回だと思っていた視野検査が入った。
    また悪化していたらどうしよう?

    プレッシャーによるストレスのせいか
    点滅しているのに気づかなかったり
    点滅していないのに残像が見えたり・・・。
    終了時の気持ちは、酷いものだった。

    だが、その後の診察で結果を聞くと
    前回(4か月前)より良かったという。
    眼圧や眼底、その他も問題なし。
    やれやれ・・・何だかドッと疲れたわ。



    続きを読む

    右手指の痛み、沈静化

    数日前の、右手の人差し指&薬指の痛みは
    まだ違和感が残るものの、沈静化した模様。 
    先月、漢方薬に追加した荊芥連翹湯の効果かな?
    何はともあれ、ホッとしている。

    一息ついた途端、今度は右眼の眉の上に
    大き目の吹き出物が出現! ズキズキする!!
    さらに、上を向くと、後頚部が痛くて曲げにくい。
    小さな小火が、身体のあちこちで発生中だ。

    右手薬指の疼痛

    昨日の、右手人差し指の鈍痛は
    徐々に薄らいできたが、入れ替わるように
    右手薬指の中指側爪溝周辺が
    腫れだして、触ると疼くように痛む。

    これも皮下石灰のせいなのか?
    右手の薬指も前歴があり、可能性は高いが
    患部の色に、まだあまり変化が無いので
    凝集するのは、もう少し先かもしれない。

    右手人指し指の鈍痛

    今日の午後、それは突然始まった。
    右手人差し指の先端に、違和感が起こり
    強く押さえると鈍痛が・・・。 このところ 
    指の力が落ちたのは、前兆だったのか?

    この感覚は、過去何度か経験している。
    左手に最初の異変が起こった時。
    その後、左手人差し指右手薬指が痛んだ時。
    また、石灰が溜まっているに違いない。

    皮下で固まる前に、経皮排出できれば良いが
    それも運次第、自分では何もできない。
    最も出番の多い指だけに、影響は半端ない。
    何とか道がついて、治りますように・・・。

    レイノーを甘く見るなかれ

    朝から小雨模様で、冷え冷えしていた。
    母の様子を見るため、実家に行ったら
    こちらは自宅周辺より寒いので
    ちらちら雪が・・・この冬、初めてだわ♪

    今日は出かけたくない、と母が言うので
    近所のスーパーへ、私一人で買い出しに。
    店に駐車場は有るが、狭いので歩いて行った。
    せいぜい7~8分だし、買う品数も少ないから。

    だが、それは、とんでもない間違いだった!
    ほんの数分で、足先が痺れて感覚が無くなり
    やっとの思いで店に着いたら、今度は激痛!!
    レイノーを、ゆめゆめ甘く見るなかれ・・・。

    指の力

    当ブログは、パソコンで更新しているのだが
    最近、マウスの反応が悪いな~と思っていた。
    何度もボタンを押さないと、クリック出来ないのだ。
    カーソルが動くので、故障や電池切れではない。

    今日、突然八ッと気が付いた。
    マウスを使う右手の人差し指は
    強皮症の症状が最も強く出ている。
    指の力が弱くなった・・・そういうこと?

    歯科医院の休診

    最近の体調を、一言で表すなら
    「現状維持」がピッタリ♪
    気になることは、幾つもあるけど
    進行しなければ、御の字である。

    さて、昨年から続く歯茎痛の件もあり
    先週、歯科検診を予約していたのだが
    掛かりつけの先生が、急病で入院されて
    しばらく休診になってしまった。

    むむむ・・・開業医には、こういうリスクがあるんだな。
    歯には、過去の治療の痕跡が幾重にも刻まれており
    休診だからといって、安易に他院には行けない。
    いつもの先生が、どうか早く復帰されますように!

    総合内科検診(1)

    膠原病の定期検診を受けるため
    皮膚科に続いて、総合内科へ。
    ここC病院では、全身性強皮症は皮膚科、
    シェーグレン症候群は総合内科が担当する。

    最初に、現状を聞かれたので
    左耳下腺のしこりと左上歯茎の圧痛、
    両足のレイノーの頻発、両手の浮腫み、
    約2kgの体重増加などを報告した。

    先生が、耳下腺のしこりを確認したが
    圧す角度や強さが違うせいか、殆ど痛くない。
    むむむ・・・私が神経質すぎるのかな?
    次の歯科検診まで、様子を見ることに。

    次に浮腫みを調べたが、大したことはなく
    血液検査(基本的な項目のみ)の結果は
    全てが基準値内という、綺麗なもの。
    だが、現実は・・・何とも複雑な気分である。

    皮膚科検診(10)

    朝から酷い頭痛に見舞われたが
    検診のためC病院へ。 皮膚科では強皮症、
    総合内科でシェーグレン症候群を診てもらう。
    その前に、血液検査の採血を済ませなければ。

    検査結果は、総合内科で聞く予定なので
    先に皮膚科を受診した。 現状を聞かれて  
    この3か月、左手薬指の皮下石灰付近が痛むが
    潰瘍には至らず大きな変化は無い、と報告。

    これまでは、検診が皮膚科のみだったので
    皮膚以外の症状も、全て話していたが
    専門外のことは、殆どスルーされていたから
    目に見えない症状は、総合内科で話すつもり。

    先生は、左手指をスコープで1本ずつ診察した後
    引き続き軟膏で対応するように、と仰った。
    空いていたので、予約時刻前にあっさり終了。 
    次回は、また3か月後。


    続きを読む

    通導散合桂枝茯苓丸合温清飲合補中益気湯合四物湯合荊芥連翹湯

    漢方薬局通いも、6年目に入った。
    このところ、表向き体調は良いのだが
    元気になると、免疫の暴走も勢いづくのか
    裏側で、ジワジワ進行しているのを感じる。

    日ごと強まる、手や顔の浮腫み。
    それほど寒くないのに起こる、足先のレイノー。
    左の耳下腺や歯茎に見られる、不可解な炎症。
    ゲップが増え、たまに胸やけを感じること。

    ここ1年、”守り”へのリクエストが増えていたので
    少々”攻め”の方向で、配合を調整してもらった。
    今回新たに加わった「荊芥連翹湯」は
    首から上の慢性炎症に効くという。 期待しよう!

    体調と病勢の奇妙な関係

    今年のお正月は、体調が良かった。
    翌日まで持ち越す重い疲労や酷い頭痛、
    極度の低血圧などが激減し
    ドライアイも比較的落ち着いている。

    これらは、強皮症の発覚後初めて
    体重減少が止まり、微増に転じたことと
    関係しているように思う。 余力が出来たのだ。
    けれど、良いこと尽くしと言うわけでもない。

    奇妙なことに、体調が良くなるにつれて
    病勢も活発になってきたように思う。
    例えると、外敵の侵入には一致団結して戦うが
    平和になると内輪揉め・・・そんな風に。

    ハンドグリップ

    両手の浮腫みは、強皮症の確定診断が下りた
    2017年の夏頃から始まった。
    当初は朝だけだったが、徐々に時間が長くなり
    最近は、レイノー発症時を除き、ほぼ終日続く。

    そのせいかどうか、握力の低下を感じるので
    百円ショップで、ハンドグリップを買った。
    負荷が重いと続かないので、最も軽い5kg用。
    血流改善効果にも、期待したい。

    ヨードの過剰摂取

    海藻類に多いヨード(ヨウ素)の過剰摂取が
    甲状腺機能低下を引き起こすと、最近知った。
    昆布やヒジキは、特に含有量が多いとか。 
    うっそー! メチャクチャ食べてるのに!!

    以前、造影CT検査の直後に発疹が出たり
    検査後2日ほど、尿が出にくくなった。
    おそらく、ヨードアレルギーなのだろうが
    海藻を食べて問題が起きたことは、1度も無い。

    時には、健康に良さそうという理由で
    使用後の出汁昆布まで食べていたのに・・・。
    むろん、最近の不調の原因とは断定出来ないが
    知らないって、本当に怖いなあ。

    ゲップと胃もたれ

    今日の朝食も、お節と雑煮で簡単に済ませた。
    何だか胃が重いので、お餅は1個だけに。
    私は大食いではないが、余程のことがない限り
    食欲は落ちない。 昨日そんなに食べたかなぁ?

    半月ほど前、ダンナから「ゲップが多い」と指摘され
    無自覚だったこともあり、ちょっと気になっている。
    よくある呑気症だと思っていたけど、強皮症に多い
    逆流性食道炎の可能性も・・・考えすぎだろうか?

    穏やかな元旦

    まだ喪中なので、初詣には行かないが
    雑煮とお節、お屠蘇を少しばかり用意して
    和やかに、新年を迎えることが出来た。
    ここ数年で、最も穏やかな元旦だったかも。

    朝昼兼用の食事を済ませると
    何だか眠くなり、久々にガッツリ昼寝。
    3~4時間後に目覚めたら、朝と同じく
    手足と顔が、むくんでホカホカしていた。

    全身が冷え切って、レイノーを起こしたり・・・
    パンパンに腫れて、熱を持ったり・・・
    プラス・マイナスで、ゼロになれば良いのに。
    今年も何とか、現状維持できますように。

    怒涛の1年

    怒涛の1年が、終わろうとしている。
    父は、令和の時代を迎えて間もなく亡くなり
    母は、右眼に網膜静脈梗塞症を発症して
    治る見込みのない持病が増えた。

    私は、長引く咳に2か月以上悩まされた挙句
    肋骨が折れ、気管支治療の抗生薬を飲んだら
    高熱を出し、胃腸も壊してゲッソリ痩せた。
    さらに、シェーグレン症候群の診断が下りた。

    他にも、ゲンナリすることが幾つもあった。
    昨年の大晦日、当分何も変わらないと
    思っていたのに、こんな年になるなんて。
    来年は、どうなるのか・・・想像もつかない。

    大掃除が辛い

    年内の仕事と、母の通院付き添いが終わり
    先週の土曜日から、大掃除に取りかかったが
    日頃、最も手抜きしている分野なので
    多量のホコリに、とても太刀打ちできない!

    昔は、もっと生真面目に掃除していたのだが
    数年前の足首骨折で、サボり癖がついた。
    炊事・洗濯と違って、すぐに困るわけではない。
    腰痛や強皮症発病もあって、年々後ろ向きに・・・。

    それでも、この年末は3日間がんばった!!
    窓全開で掃除機をかければ、レイノーが起こるし
    拭き掃除をすると、雑巾を握る指先が痛んだ。
    やり残した所も多いけど、今年はここまで。

    酷い頭痛(10)

    雨のせいか、目が覚めるなり酷い頭痛!
    今月に入ってから、両手だけでなく
    顔も常に浮腫むようになり
    痛みを倍増させているようだ。

    こんな朝は、「五苓散」を飲むに限る。
    嬉しいことに、空腹時の方が早く効くので
    服用後、朝食の支度をしているうちに
    痛みが軽減し、殆ど気にならなくなった。

    だが、悪天候が終日続いたため
    4~5時間経つと効果が薄れ、痛みが憎す。
    結局、朝・昼・夜の各食前に服用して
    何とか無事に乗り切った。

    「五苓散」は、体内の水の移動を支配する
    蛋白質アクアポリン(AQP)に作用し
    脳浮腫を改善させることが分かっている。
    唾液腺分泌低下にも効くのかなぁ?

    左奥上顎歯茎の鈍痛

    半月ほど前から、階段を降りたり跳んだりすると
    左奥上顎の歯茎に、軽い痛みが走るように・・・。
    昨年も同様の症状があったので、腫れているのか
    舌で探ってみたが、どうもハッキリしない。

    ところが先週末、何気なく小鼻の左側に触れた際
    右側には全くない鈍痛に気が付いた。
    左奥上顎の歯茎の表側を、指で押してみると
    犬歯より1~2本奥まった所が、震源地のようだ。

    昨年腫れた患部よりも手前だが
    その周辺に神経を抜いた歯が2本あり
    歯周病再発の可能性もある・・・。
    とりあえず、排膿散及湯を飲んで様子を見た。

    週明け早々、予約をとって歯科を受診。
    3日間、漢方薬を飲んでいたせいか
    歯茎の鈍痛は、だいぶ軽くなっており
    振動を受けても、あまり響かなくなった。

    掛かりつけの先生に、入念に診てもらったが
    歯茎には、腫れも出血も見られないという。
    むむむ・・・知覚過敏か? 睡眠中の歯軋りか?
    それとも、耳鼻咽喉科に行くべき案件か?
    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示