FC2ブログ

    左脇も疲労骨折

    数日前から、左側の脇腹が痛いので
    整形外科で診てもらった。
    X線撮影では、骨折線を確認できなかったが
    疲労骨折の場合は、珍しくないという。

    いずれにしても、出来ることは右側と同じ。
    湿布や鎮痛剤で痛みをコントロールしながら
    バストバンドで固定して、安静にするしかない。
    胸を締めつけると息苦しく、食事の際も大変だ。

    ギックリ腰でも、一時期コルセットを使ったが
    骨盤に巻くので、肺や胃を圧迫することはなかった。
    バストバンドは、むしろ欧州の貴族女性が使っていた
    コルセットに近い。 寸胴にくびれが出来るかも?
    スポンサーサイト

    左脇の痛み、強まる

    左脇の痛みが、徐々に強まっている。
    咳やクシャミをすると、左の方が
    骨折の明らかな右脇よりも痛いので
    十中八九、骨折しているだろう。

    複数の折れた肋骨が
    腹中でブラブラしていると思うと
    身体の芯から、力が抜けて
    何とも不安で頼りない気分だ。

    柴胡桂枝湯合人参湯

    漢方薬局に行った。 まだ咳が治りきらない上
    今回は、話すことが普段の何倍もあるので
    理路整然と伝えられるか、不安だったが
    聞き上手の先生のおかげで、上手くいった模様。

    ここ1か月で、身体がガタガタになったので
    いつもの薬(体質改善&駆瘀血)を休んで
    こじれた風邪や弱った胃腸に効く薬を飲むことに。
    「柴胡桂枝湯合人参湯」である。

    それに加えて、気管支炎や喘息等に効く
    「麻杏甘石湯合小青龍湯」を一緒に飲む。 
    前回は市販品を購入したが、量が少ないので
    今回は調剤してもらった。 前より効きそう♪

    左脇にも痛み

    長引く咳が原因で、右の肋骨を骨折した。
    傷めた直後は、咳をする度に激痛に苦しんだが
    1週間以上経った今、それほど辛くはなくなった。
    ところが今度は、左脇の約10cm下が痛み始めた。

    右側は、骨折した瞬間をハッキリ覚えているが
    左側は、気が付くと痛くなっていた感じで
    咳やクシャミや、特定の場所に触れると痛むのは
    右と同じだが、激痛とまではいかない。

    触れて痛む場所は、左乳房の真横でもあるが
    先日受けた乳癌検診の結果は、異常なし。
    となると、やはり咳の再発で
    左側の肋骨も、折れかけているのだろうか?

    咳、再発の兆し

    骨折した肋骨は、起床時や寝返りを打つ際に
    少し痛むが、日常の家事には差し支えない。
    バストバンドは、ずっと着けると苦しいので外出時のみ。
    鎮痛剤や湿布も、今のところ不要である。

    だが、一旦おさまっていた咳と痰が
    今日になって、悪寒と共に再発の兆し・・・。
    麻黄附子細辛湯を飲んだら、悪寒は止まったが
    気道がヒクヒクして、咳をしたい衝動にかられる。

    思いっきり咳込んだら、すっきりするだろうが
    これ以上、肋骨を傷めるわけにはいかない。
    それにしても、まだ治りきっていないなんて・・・。
    あんなキツイ思いをしたのは、一体何だったのか?

    肋骨の骨折

    ちょうど一週間前、咳き込んだ拍子に
    右の脇腹に、激痛が走った。
    それ以来、咳をする度に酷く痛むので
    咳をこらえて、快復が早まったほどである。

    鎮痛剤を飲むと、一時的に症状が和らぐが
    横臥すると、かえって痛みが酷くなる。
    咳で骨折する話を、聞いたことがあるので
    もしや・・・と、日に日に疑惑が深まった。

    呼吸器内科で、整形外科へ行くように
    言われたので、意を決して整形外科へ。
    最近、骨盤のしこりを診てもらっている、
    強皮症発覚のきっかけとなった医院である。

    待合室で、ぼんやり受付を見ていると
    咳をしたら脇腹が痛い、と訴える女性が
    約2時間で2人。 どちらも高齢者だ。
    私も、骨が弱くなったのかなぁ・・・。

    X線撮影の後、診察室で説明を受けたが
    予想通り、第9肋骨が疲労骨折していた。
    バストバンドで固定してもらい
    鎮痛の塗り薬と湿布を処方された。

    とりあえず、痛みの原因が分かってスッキリ!
    幸い咳が治ってきたので、以前ほど痛くない。
    ヨガ教室に、しばらく行けないのは残念だけど
    再発しないよう、今は養生に努めよう。

    自問自答

    父が入院して、4週間になる。
    見舞いに行くと、絶飲食のはずなのに
    何故かいつも、口をモグモグ動かしている。
    開けっ放しのため乾燥した唇が、痛々しい。

    父は、デイサービスやショートステイでは
    殆ど食事を摂れなかったが
    家では、機嫌が良ければ飲食できた。
    入院当日の朝も、少しだが食べていた。

    だが、入院後しばらく絶飲食が続くうちに
    食べ方を忘れたのか、嚥下機能を失ったのか
    全く食べられなくなってしまった。
    それは、余命僅かであることを意味する。

    口を動かし続ける父を見ていると
    何か食べたいのでは・・・と思えてならない。 
    家でも食べさせることが出来なくなるまで
    入院を待つべきではなかったか?

    手も足も、まだ力が残っているのに・・・
    最期まで自宅で過ごしたかっただろうに・・・
    本当に、これが最善だったのか? 
    父の手を握りながら、自問自答を繰り返す。

    呼吸器内科受診(4)

    前回から二週間ぶりの受診である。
    診察前に行った血液検査の結果は
    ほぼ正常値で、問題なし。 
    咳も痰もグッと減り、概ね快復と言える。

    こちらからは、胃痛はあれから1度も無いこと、
    38度を超える発熱も10日間無いこと、
    入浴時や労作時に少し息苦しいこと、
    今週初めから脇腹が痛むこと、等を伝えた。

    先生の「お薬の効果がありましたね。
    胃痛も出なくて良かったです」という言葉に
    それにしたって代償が大きすぎる!と思ったが
    今後のことを考えて、胸に納めておくことに。

    さらに先生は「入浴や労作時に息苦しいのは
    体力低下が原因である場合が多い。
    脇腹の痛みには鎮痛剤を処方するが
    効かなければ整形外科へ」 と言われた。

    呼吸器内科は、今回で終了。
    先生は、最後まで”副作用”という言葉を
    使わなかったが、結果は明らかである。
    もう二度と、あの薬は飲まない!!


    続きを読む

    咳、快復傾向にあり

    安静にしていれば、咳が殆ど出なくなったので
    一か月ぶりにヨガ教室に参加した。
    だが、ヨガに欠かせない深い呼吸は、まだ早すぎた。
    何度も咳き込みかけて、こらえるのが大変だった。

    一方、咳がきっかけで始まった右脇腹の痛みが
    今や、咳とは無関係に起こることに
    ヨガ教室に行ってみて、気がついた。
    やっぱり骨折? 一難去って、また一難・・・。 

    粗相寸前

    咳をすると、右の脇腹に激痛が走るので
    極力、気道を刺激しないよう気をつけている。
    だが、どうしても咳をこらえ切れない時は
    脇腹を抱えたまま、その場で呻くしかない。

    仕事中、そんなことを何度も繰り返すうちに
    下腹部がゴロゴロし始めた。 ヤバい・・・。
    慌ててトイレに行ったものの、ガスが出るだけ。 
    うぐぅ・・・咳をした拍子に悲惨な事が起きそう!

    職場ゆえ、トイレに籠っているわけにもいかず
    その後の数時間は、何としても粗相しないように
    心身ともに、大変な緊張感の中で過ごした。 
    もぅ、疲れたよ・・・一体いつ治るんだろう?

    ドライアイ再点火

    花粉の影響なのか、ドライアイがまた悪化。
    しかも、ただ乾くというだけではなく
    眼頭から中央の辺りまで、目の縁がむず痒い。
    春になって湿度が上がり、改善していたのに・・・。

    ここ半月ほど、寝込む日が多かったが
    結果的に目を乾燥から守っていた、とも言える。
    身体のどこかで大火事が起こっている時
    他の小火は、一時停止するのかもしれない。

    右肋骨に痛み

    発熱が治まったので、残りは咳だけ。
    ようやく振り出しに・・・そう思った途端
    新たなる問題が発生! 激しく咳込んだ瞬間
    右の肋骨の下辺りに、鋭い痛みが走った!!

    それ以来、咳込む度に右の肋骨が酷く痛む。
    手で触れると、明らかに痛い場所があり
    ちょっと腫れているような・・・まさか骨折?
    せめて、肉離れぐらいであって欲しい。  

    服薬から二週間

    起床時は、ほぼ平熱。 胸苦しさが続く。
    血圧は、以前より下がり(上が100未満)
    代わりに脈拍が増えた。(80~90)
    寝汗は、最近あまり気にならない。

    肝心の咳は、相変わらず治っていない。
    例の抗生物質を服用後、痰が減ったのは確かだが
    横臥すると咳が増えて、なかなか眠れない。
    咳が出ても出なくても、横隔膜が震えて痛くなる。

    夕方から夜にかけて、微熱が出ることが多い。
    首まで入浴すると、水圧で胸が苦しくなる。
    舌の中央部の茶色いシミが、なかなか消えない。
    咳が治れば、こういった問題も解決するのだろうか?

    両親の現状

    父が入院して、今日で3週間が過ぎた。
    血糖値が異常に上がったり、高熱を出したりで
    とうとう口から食物を摂れなくなり
    今日まで、点滴のみで命を繋いでいる。

    父の症状は、老衰と診断されている。
    家族の合意で、無理な延命を希望しない旨を
    入院時に病院に伝え、主治医の先生から
    心の準備をしておくように、と言われた。

    それでも母は、父の顔色が少し良くなり
    握った手を握り返すようになると、回復への
    淡い期待を抱いていたようで、先日あらためて
    余命数か月といったことを言われ、落胆していた。

    その母も、昨日眼科を受診して
    網膜静脈梗塞症」の再発を告げられた。
    毎月の検診で、微量出血が続いていると聞いていたが
    前の手術から、まだ3か月も経っていないのに・・・。

    5月中旬に、再手術(注射)を受けることになったが
    1か月以上も先のことなど、今の私には想像もつかない。
    父はどうなっているのか? 私の体調は大丈夫なのか?
    次から次へと問題が起こり、事態が移り変わっていく。

    歯根治療、ようやく卒業

    体調不良で延期していた歯科を、ようやく受診。
    左奥上側の歯茎の腫れが、なかなか治らず
    治療が長引いていたが、3週間ぶりの今日は
    どこにも腫れが見られない、とのこと。

    むろん、これは例の抗生物質(ジスロマックSR)の効果。
    私の咳には、今一つキレの良くない薬だが
    あれだけ散々な思いをしたんだから
    何か一つぐらい、効いてくれないと!

    さらに、舌の表面の荒れを指摘された。
    舌の中央は胃を示すので、胃痛が原因だと思われる。 
    昨日、舌を見たら、焦げ茶色の舌苔が付いていたので
    驚いて少々磨きすぎたから・・・かもしれない。

    最後に、プラークと歯周ポケットのチェックをして
    昨秋から始めた歯根治療を、ようやく終えた。
    丸5か月も掛かったけれど、これでもう大丈夫♪
    次は、3か月後に歯科検診を受ける予定。

    眼科検診(26)

    B眼科で、定期検診。
     矯正視力測定 →両眼とも1.2
     眼圧測定    →右12、左10
     眼底検査    →問題なし
     
    先週の抗生物質服用の件を報告し
    目に異常がないか、確認してもらった。
    3月以降、エアコンの使用が減ったせいか
    ドライアイが、多少マシになった気がする。
     
    視力検査では、右目より左目の方が
    少し見えにくかったのだが
    診察の際、特に何も指摘されなかった。
    一時的なもの、と判断されたのかな?

    続きを読む

    終日平熱

    今朝も、酷い寝汗をかいていた。  
    体温は平熱だが胸苦しく、長距離走の後のよう。 
    呼吸が楽なので、ここしばらく横向きに寝ているが
    巻き肩になると胸が圧迫されるらしい・・・それが原因?

    お通じは、胃痛の翌日以降、一日おきに来る。
    あまり食べていないせいか、いつも軟便だが
    今日は、ほぼ水に近い下痢。 腹痛は無し。
    排出すべきものが、まだ残っていたのだろうか?

    そのせいかどうか、今夜は熱が出なかった!
    服薬以来、初めてのことである。  
    事の発端である咳も、痰が徐々に減ってきた。
    どうか、このまま治ってくれますように~~~♪

    間欠熱と胸苦しさ

    久々に、寝汗をかかずに目が覚めた。
    その代わり、37度台の微熱あり。
    起き上がると、胸が苦しい・・・特に右側。
    軽く圧迫されるような感じで、痛みはない。

    午前中は平熱だったが、夕方再び上がり始めた。
    悪寒が酷くて、布団から出られない。
    レンジでチンする湯たんぽが、大活躍である。
    結局、今日も38度を超えた。

    ここ数日の体温の変化を見ると
    夕方発熱し翌朝下がる、間欠熱といえる。
    そして、熱が出ると咳も悪化する。 
    発熱だけなら、それほど辛くはないのだが・・・。

    咳き込みと発熱

    今朝も、寝汗グッショリで目が覚めた。
    熱は無かったが、妙に胸が苦しい・・・。
    就寝中、咳き込んで呼吸困難になったのか?
    少しは快復している、と思えたら良いのに。

    だが、いつまでも病人モードではいられない。
    溜まった家事を、朝からセッセと片付けた。
    薬の副作用も、さすがに切れる頃だから
    今日は仕事に行くつもり。 

    数日寝込んだので、体力低下は否めないが
    5~6時間働くぐらい、大丈夫だと考えた。
    念のため、ビタミン剤や咳止め薬を飲んで
    万全の体勢で出勤したつもりだ。

    実際、最初の3時間は特に問題なかったが
    業務上、喋らないわけにはいかないので
    徐々に咳が増え、やがて病人オーラ全開に!
    うぅ・・・自分の体力を過信していたようだ。

    結局、今週も休ませてもらうことに。
    帰宅後、体温は38度台まで上がっており
    血圧こそ正常だが、脈が100を超えていた。
    一週間で、何とか治れば良いけれど・・・。

    服薬から一週間

    夜中に目覚めたら、寝汗でグッショリ・・・。
    肌着だけ交換して、また寝たが
    朝、起きたら、またグッショリ・・・。
    熱は下がっていたが、妙に胸が苦しい。

    この1週間、まともに食べてない。 一応、記録しておく。
    3/24 昼食なし / 3/25 昼食&夕食なし / 3/26 昼食なし /
    3/27 おかゆ(昼食)夕食なし / 3/28~3/29  絶食(飲物だけ) /
    3/30 朝食なし、おかゆ(昼食・夕食) / 3/31 おかゆ(3食)

    体重が一気に3キロも減って、何だかフラフラする。
    あんなに寝汗をかいたのだ。 脱水気味かも?
    急に心配になって、初めて経口補水液を飲んだ。
    ほんのり檸檬風味で、意外と口当たりが良い。

    夜になって、また発熱。 38度1分。 
    今日の正午で、服薬から一週間経った。
    公式に薬効が切れたはずなのに・・・。
    少しずつ収束していくのかなあ?

    発熱が続く

    目が覚めたら、右奥の歯茎が痛い!
    噛まなければ痛まないので
    就寝中に、歯軋りしたのかも?
    今週、歯科に行くので、一緒に診てもらおう。

    今朝も微熱があり、昼間いったん下がったが
    夕方から、再び38度5分を超えた。
    痩せて胃下垂が酷くなり、食が進まない。
    血圧も下り、久々に上の値が100を割った。

    あと一日で薬効が切れ、副作用も治まる・・・。
    そう思って、頑張っているけれど
    この先も、発熱が続いたらどうしよう?
    肝心の咳は、一向に良くならないのに。

    呼吸器内科受診(3)

    昨夜、就寝前に検温したら、まさかの38.5度!
    昼間の盛大な下痢で、薬を洗い流せたと思ったが
    当初の予定通り、1週間が過ぎるまでは
    私の体内に、しぶとく居座り続けるらしい。

    目が覚めると、下唇の内側に違和感を感じた。
    鏡を見ると、粘膜がぶよぶよして膨らんでいる。 
    昨夜は何とも無かったのに・・・まさかこれも副作用?
    体力低下で、唇の粘膜が荒れただけなら良いが。

    今日は、呼吸科内科を予約受診した。
    さすがに今回は、待たずに済むだろうと思ったけれど
    主治医の先生から、X腺撮影と血液検査の指示が出て
    結果が出るまで、またもや1時間待つ羽目に。

    待っている最中に、看護師さんが私のところに来て
    もう一度検温をするように言われた。 
    あれ? さっきの体温計が壊れたのかな?
    37度2分、自宅を出た時の体温と全く同じだった。

    再び診察室に入り、先生の説明を拝聴した。
    まず、胸部X線撮影の結果は、今回も問題なし。
    血液についても、概ね問題なしとのこと。
    ただし、CRP(炎症反応)が3を超えている。 

    えっ? いつも、基準値の範囲内なのに・・・。
    道理で、看護師さんが2度も検温に来るわけだ。
    先生によれば、薬が合わないせいかもしれないが
    隠れていた病気が表面化した可能性もあるとのこと。

    ええ~~っ、これは絶対に副作用でしょう?????
    薬を飲むまで、胃痛なんて微塵も無かったし
    血液にも、病気を示すデータが見つからないのだ。
    これ以上持病が増えるなんて、考えたくない!!
     
    結局、あと2週間、様子を見ることになった。
    薬効が切れて症状が消えれば、薬の副作用となるが
    症状が続けば、別の病気の発覚ということに。
    また胃カメラを飲むのかな? トホホ・・・。

    薬を排出

    目が覚めると、酷く寝汗をかいていたが
    昨日の激しい胃痛は、跡形も無く消え去っていた。
    まだ微熱があったものの、幸い今日は仕事が休み。
    安心して寝ていられるのは、本当にありがたい。

    昼前に熱が下がり、漸く起きる気力が湧いてきた。
    薬局で指摘されたお通じの件が、どうも気になる。
    私は、もともと便秘体質ではないのだが
    咳止め薬の副作用の一つに、便秘があるらしい。

    ネットで調べた情報によると、ジスロマックSRの8割は
    便から排出される。(ちなみに尿からは1割)
    お通じがないと、ずっと体内に留まるわけで・・・。
    これは、一刻も早く便秘を解消しなければ!!!

    便秘解消に有効で、胃が弱っていても食べられるもの。
    思いついたのは、プレーンヨーグルトだった。
    まず、大正漢方胃腸薬で地ならし(?)をした後
    ヨーグルトに甘酒と蜂蜜、牛乳を足して、少しずつ飲んだ。

    その後も、栄養ドリンク、コーヒー、紅茶・・・とにかく水分!
    振り返ってみると、ここ数日、食物だけでなく水分も
    あまり摂っておらず、2キロも体重が減っている。
    もしかしたら、脱水気味だったかもしれない。

    それから数時間後・・・来た!お通じの兆しだ。
    いったん始まると、ここ数日食べていなかったせいか
    初回こそ固めの便だったが、2~3回すると水様状に。
    何度となく便意をもよおしたので、自宅で本当に良かった。

    下痢も、ジスロマックSRの副作用の一つなので
    もっと早く起こっても、不思議ではないのだが
    もし高熱や胃痛と同時に来たら、耐えられたかどうか・・・。
    これで、完全に体外に排出できていますように!

    突然の胃痛(後編)

    前編はこちら

    昼前になって胃痛が再発。 しかも、痛みは増すばかり!
    だが、午後から仕事がある。 年度末で忙しい時期なのに
    一昨日急に休んで、同僚に迷惑をかけたところだ。
    出かける前に、胃薬(レパミピド錠100)を飲んでおこう。

    職場に行く前に、処方薬を購入している調剤薬局で
    胃痛にロキソニンを飲んで良いか聞いてみた。
    他の薬(胃薬や咳止め薬)との併用は問題ないが
    ロキソニン自体が胃に負担をかけるのでNGとのこと。

    さらに、ジスロマックSRを服用した日以降
    お通じがないことも、胃痛の一因だと言われた。
    高熱が出た日は、殆ど食べられなかったので
    指摘されるまで、気付かなかった。

    薬剤師さんに、病院に電話しては?と言われたが
    一昨日さんざん待たされて懲りたばかり。 
    幸い熱は無いし、どうせ明後日に受診するのだ。 
    念のため、大正漢方胃腸薬を飲み足して、出勤した。

    職場では、同僚の皆が気遣ったくれたおかげで
    最初のうちは仕事をこなせたが、時間が経つにつれて
    体調不良が顕わになった。 さすがに限界を感じ
    いつもより1時間早く上がらせてもらった。

    フラフラになって帰宅後、ダンナに促されて
    検温すると、また39度を超えていた!
    激しい胃痛のせいで、発熱に気づかなかったとは・・・。
    再び胃薬だけ飲んで、そのまま寝込んだ。

    突然の胃痛(前編)

    それは、真夜中の3時頃。
    ふと目が覚めて、トイレに行った。
    便座から立ち上がろうとした瞬間
    みぞおちに強烈な痛みが走った!

    それは、胃袋をわし掴みにされたような痛みで
    空腹時にシクシク痛むのとは、明らかに違った。
    あまりにも突然で、その場で呻くことしか出来ない。
    これも薬の副作用? どうして急に?? 

    服用時と同様に、背筋を伸ばし左腕を挙げたら
    しばらくして、痛みが少しずつ引いていった。
    一昨日は、固形物を摂らなかったので分からなかったが
    昨日から胃がズッシリ重いので、たぶん胃炎に違いない。

    昨日は、ロキソニンと共に飲んだ胃薬のおかげで
    無事だったのだろう。 なぜ早く気づかなかったのか?
    咳をするだけで、胃が痛い・・・勘弁してよ~~!!
    薬効が切れるまで残り4日、まだまだ気を抜けない。 

    後編に続く

    ひとまず平熱に

    昨夜、帰宅するや否や
    ロキソニンと胃薬を飲んで寝た。
    あまりにも頭痛が酷くて
    食事も入浴も出来なかったから。

    今朝、熱はすっかり下がっていたが
    胃がずっしり重く、消化に時間が掛かりそう。
    事の発端である咳は、多少マシになったものの
    完治には程遠い状態だ。

    大病院に有りがちな話だが、昨日の受診は
    疲れるためだけに行ったような気がする。
    付き添ってくれたダンナに、申し訳ない。
    これ以上、副作用が出ませんように・・・。

    呼吸器内科受診(2)

    就寝後も、手足が冷たくて眠れなかった。
    レンジでチンする湯たんぽを、久々に使ったが
    一向に温まらず、寒くてガタガタ震えるほど。
    しばらくして気づいた・・・もしかして悪寒では?

    ちょうど、薬の服用から12時間後である。
    まさか今頃? だが、検温すると38度3分!
    ええぇ・・・。もう大丈夫、と完全に油断していた。
    その後も熱が上がり、一時は39度を超えた。

    いつの間に眠ったのか、よく覚えていないが
    気が付いたら朝だった。 あらためて検温したが
    何回測っても、38度5分~39度の間から動かない。
    薬の副作用に違いない!もう一度診てもらおう。

    ダンナに付き添ってもらい、再びC病院へ。
    週明けで患者が多く、今回は本当に午後の診察に。
    その間、多少熱は下がったものの片頭痛が酷く
    長い待ち時間が、本当に辛かった。

    ようやく順番が来て、フラフラしながら診察室へ。
    前の先生が今日は外来におらず、別の先生である。
    発熱だけでは薬が原因と断定できない、と言われ
    インフルエンザの検査をすることになった。

    検査結果が出るまで、1時間ほど再び待たされたが
    予想通り陰性で、発熱の原因は謎のまま。
    先生は、熱の原因は一つではないとか何とか・・・
    もうどうでもいいから、早く帰りたかった。

    結局、「解熱剤で様子を見るように。
    すんなり熱が下がれば、薬のせいかもしれない」
    そう言われただけで、特別な処置はなかった。
    症状が改善しなければ、週末に再診の予定。

    薬を服用した

    先週末、呼吸器内科で処方された
    ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g
    副作用が多いので、飲むのを躊躇していたが
    咳の悪化とともに、喉の腫れや微熱も出てきた。

    やはり、抗生物質が必要な状況なのだろう。
    グズグズするうちに、本格的な喘息になって
    もっと強い薬を使う羽目になるかも・・・。
    こうなったら正面突破だ! 覚悟を決めた。

    遅めの朝食を、消化の良いもので軽く済ませた後
    指定では2時間のところを、3時間以上あけた。
    さらに、万が一アナフィラキシーショックで
    救急搬送される場合に備えて、衣服も整えた。

    決行時刻は正午。 薬の容器に指定量の水を入れ
    シャカシャカ振って混濁したところを、一気飲み!
    さらに、水を足して瓶の底に残っていた薬も
    綺麗に飲み干す。 予想したほど不味くなかった。

    服用直後の副作用は、全く無し。
    やった!という高揚感が、不安を掻き消し
    これで治るはず、という希望で満たされる。
    念のため、夕食まで何も食べないことに。

    服用3時間後、何だか胸がムカムカしてきた。
    お、いよいよ来たか・・・胃もキリキリ痛み始めた。
    ただ、朝食後は、飲み物も一切控えていたので
    胃痛は空腹のため、と言えなくもない。

    しばらくすると、強い吐き気に襲われ
    トイレに駆け込んだが、嘔吐には至らず。
    左腕を上げると胃痛が和らぐのに気づき
    何とか凌いでいるうちに、吐き気も治まった。

    服用6時間後、夕食の支度をしている途中
    突然、下腹部に腹痛が起こった。
    あ、やっぱり来たな・・・慌ててトイレへ行ったが
    下痢というほどではなく、その1回で終了。

    その後も、これといった症状は起こらかった。
    な~んだ・・・もっと早く飲めば良かった!
    就寝前、手足がやけに冷たかったが
    それが悪寒の始まりだとは、気づかなかった。


    薬の副作用が怖い

    昨日、呼吸器内科で出された処方薬のうち
    ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g」は
    プラスチックの瓶に入った粉薬で
    水を加えて、直前に混ぜて飲むタイプ。

    調剤薬局で貰った説明書によると
    食後2時間以上経ってから服用し
    その後2時間は食事しないように、とある。
    むむむ、何やらヘビーな気配がする・・・。

    気になって、ネットで調べてみたら
    予想以上に様々な副作用があるらしく
    壮絶な実体験の報告も数多い。
    飲む前から、すっかり怖気づいてしまった。

    これまで、薬剤アレルギーとハッキリ言えるのは
    CT造影剤(オムニパーク)だけだが
    ロキソニンの連用で浮腫んだ経験もあるので
    服用には慎重にならざるを得ない。

    しかも、1回の服用で1週間効果が続く強力な薬だけに
    副作用の懸念も1週間あるし、仮に副作用が出たら
    薬効が切れるのを待つしかないという。
    怖すぎる・・・飲みたくない・・・悩んでいる。

    呼吸器内科受診(1)

    咳が1か月も続き、しかも最近「コンコン」タイプから
    痰の絡んだ「ゲホゲホ」タイプへと変わった。
    これ以上こじらせたらマズイ! 後々のことも考えて 
    強皮症のC病院で、呼吸器内科を初受診した。

    朝一番に行ったものの、予約外の受診なので
    診察予定時刻は、なんと13:30!
    さすがに「うわぁ・・・」と思ったが、X線撮影や採血など
    事前検査があったので、意外と早く過ぎた。

    採血の1時間後、予定時刻より2時間も早く呼ばれた。
    そんなこととは思わず、食事に行っていたので
    次の人に抜かされていた。 検査結果が出たら
    状況次第で、診察時刻が変わる仕組みらしい。

    先生は、40代ぐらいで落ち着いた雰囲気の男性。
    検査の結果、肺炎や結核などの可能性は無し。
    風邪がきっかけで咳が長引くことは、珍しくないそうだ。
    抗生物質と咳止めを処方され、3週間後に再診の予定。

    続きを読む

    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示