FC2ブログ

    綻びだらけ

    昨日、また起床直後に(浮腫みによる?)頭痛が起こり
    「五苓散」と「葛根湯」の時間差服用で凌いだ。
    その後、スーパーの食料品売り場に行ったら
    足の指先にレイノー発生! 足は今季初である。

    左奥上側の歯茎は、神経の治療が始まったものの
    再び腫れが強まったのか、歯肉が疼いている。
    二か月前に傷めた右足も、歩くだけなら問題ないが
    膝を捻じったり正座すると痛くて、不便きわまりない。

    一つ一つは、大きな問題ではないのだが
    幾つも重なると、あちこち綻びだらけに思えて
    何だか気持ちが萎えてくる。
    ハァ・・・本当に辛い季節は、これからなのにね。
    スポンサーサイト

    酷い頭痛(4)

    昨夜は、疲れていたので早めに寝た。
    夜中に目覚めると、頭も身体も何だか酷く重い。
    よろよろ起き上がり、トイレに腰かけた途端
    何かが頭頂から首を通って、ゆっくり胴体側に下りた。

    頭が軽くなると同時に、左側のこめかみと後頚部に
    ズキズキ脈打つような痛みが発生した。
    片頭痛は、何度も経験しているが、こんな風に
    開始の瞬間に立ち会ったのは、初めてである。

    とりあえず、この酷い痛みを何とかせねば・・・。
    まず「五苓散」を飲んでから、次の一手を考えた。
    いつも飲む「葛根湯」は、緊張性頭痛には良いが
    片頭痛の場合、悪化することもある。 どうしよう?

    そうこうするうちに、吐き気をもよおしてきたので
    漢方薬を諦め、ロキソニンと胃薬を飲んで寝た。
    副作用が心配だけど、背に腹は代えられない!
    そう思うほど、酷い発作だった。

    再び目を覚ますと、頭痛は殆ど治まっていた。 
    「五苓散」のせいか、さほど浮腫んでもいない。
    血圧を測ると、いつもより20ほど高かった。
    また、就寝中に血圧が上がっていたのかな?

    炎症傾向(3)

    歯茎の腫れは、歯科で銀歯を外したことで
    いったん治まったものの(噛んでも当たらないから)
    咽喉の痛みやドライアイが、ここ数日続いている。
    起床時の手指の腫れも再開して、嫌な感じだ。

    その上、昨日は外出先で、口内がカラカラに!
    あいにく飲み物を持参しておらず
    買いにも行けない状況で、唇が歯茎に張り付いた。
    シェーグレン症候群の疑いが、また頭をよぎる。

    歯茎の腫れ(3)

    食事の際、左奥上側の歯茎が痛むので
    重い腰をあげて、掛かりつけの歯医者に行った。
    あれこれ調べた結果、一番奥が怪しいとのことで
    以前被せた銀歯を外してみることに。

    銀歯を取り外す作業は、ガンガン!ガリガリ!と
    かなりの衝撃であるのに、不思議と痛みを感じない。
    「大丈夫ですか? どうやら神経が壊死したので
    次回から治療をします」と、先生が仰った。

    神経が壊死・・・えーーーーーー!!!!!
    自慢じゃないが、歯の手入れには気を遣ってきた。
    電動歯ブラシで磨いた後は、歯間ブラシと糸ようじ。
    そして、仕上げに洗口液まで使ってきたのに・・・。

    神経の治療は、結構痛い上に何度も通わねばならず
    時間もお金もバカにならない。
    転倒による右膝の痛みも、まだ完治していないのに
    一難去ってまた一難とは、このことか・・・。

    歯茎の腫れ(2)

    先週、インフルエンザの予防接種を受けた。
    体調が良いとは決して言えなかったのだが
    絶好調の日なんて滅多にないので
    早めに打って安心した方が良い、と考えた。

    土日は、自宅でゆっくりするつもりだったが
    何だかんだ用事が出来て、連日外出する羽目に。
    幸い、酷く体調を崩すことは無かったけれど
    左奥上側の歯茎が、またぞろ痛みだした。

    以前、卵巣摘出手術を受けた時も
    お腹の傷の痛みは、殆ど無かったのに
    術後、食事の際に歯茎が痛んで困った
    今回も、全く同じ場所である。

    そこには、過去の治療で神経を抜いた歯も存在する。
    免疫力が下がると、歯肉炎の類が再発するのだろうか?
    予防接種から3日経ち、インフルエンザ・ウイルスも
    そろそろ撃退した頃だろうに・・・。
     

    父のデイサービス開始

    父のデイサービス通所が、正式に始まった。
    5~7時間未満のコースにしたので
    午前10時すぎに出発して、帰宅は午後4時頃。
    母は、約6時間ほど自由になれる訳である。

    だが、デイサービスに通わせるのは簡単ではない。
    最近ほとんど寝てばかりの父は、どんな理由であれ
    ベッドから出るように言うと、必ず抵抗するので
    母一人では、玄関まで連れ出すことが困難だ。

    介護タクシーなら、運転手さんに手伝いを頼めるが
    送迎バスは、他の利用者さんもいるので無理。
    故に、デイサービスの迎えの時刻までに
    私も実家に行き、父を送り出すことになった。

    初回なので、少し早めに到着したら
    玄関に、大きなカバンが二つ置かれていた。
    母が、デイサービスのために用意した物だが
    旅行にでも行くような大荷物に、少々呆れた。

    持参するように言われた物だけなら
    カバン一つで、十分間に合うはずである。
    案の定、中には余計な物が、幾つも幾つも・・・。
    私が子供の頃から、母にはそういう所があるのだ。

    これでは通所先に迷惑をかけるだけなので
    本当に必要なものを、カバン1つに詰め直した。
    そうこうするうちに、約束の時刻が近づいてきたので
    父を玄関に置いた椅子に座らせ、迎えを待った。

    少し早めに送迎車が到着すると
    父は、介護スタッフさんの介助で車に乗り込み
    特に嫌がりもせず、すんなり出かけて行った。
    やれやれ・・・案ずるより産むが易しである。

    風邪は万病のもと

    少し前から、咽喉が時々いがらっぽくなった。
    その都度、排膿散及湯で凌いできたが
    とうとう鼻閉の気配も・・・風邪かな?
    麻黄附子細辛湯を飲んで、さっさと寝よう。

    夜明け前、頭痛が酷くて目が覚めた。
    痛むのは、頭の付け根から首筋の辺りで
    どうやら、就寝中に血圧が上がったらしい。
    最近ずっと好調だったのに、これも風邪のせい?

    こういう時は、まず五苓散で脳の浮腫みを取り
    しばらくしてから、葛根湯で首筋の凝りを取る。
    何度も失敗を繰り返した末に到達した
    私の頭痛対策で、勝率7割といったところ。

    頭痛が治ったら、今度は左上顎の歯茎が痛みだした。
    歯と歯の間に、何かが挟まっているわけでもなく
    どこか他の場所が腫れると、連動するらしい。
    何だか、また咽喉がイガイガ・・・振り出しに戻る。

    体験デイサービス(後編)

    中編はこちら

    午後のレクリエーションは、ラジオ体操から始まり
    その後、利用者さん達が二組に分かれて
    ハロウィンに因んだ糸巻ゲームが行われた。
    楽しみながら、手の機能訓練にもなるようだ。

    私は、座り続けるうちに腰が痛くなって中座したが
    母は、年齢的にも違和感が無かったのか
    その場に留まり、ゲームにも参加させてもらって
    それなりに楽しく過ごしたようである。

    おやつタイムの前に、父が別室から戻ってきた。
    熟睡したせいか、いつになくシャキッとした表情だ。
    介護スタッフさんが、昼寝の前後にトイレで排尿できたので
    オムツを交換しなくて済んだ、と教えて下さった。

    おやつは、シンプルな蒸しケーキとお茶。
    介護スタッフさんが、これも一口サイズに切って
    父に食べさせて下さったが、昼食をしっかり取ったせいか
    あまり食べなかった。 今日の予定は、これで終了。
     
    帰宅時も、来た時と同じ車で送ってもらった。
    降車の際、また手こずるのでは?と案じていたら
    予想通りの展開に!介護スタッフさんと二人がかりで
    何とか降ろしたが、送迎バスだと不安だなぁ・・・。

    玄関から門扉までの、大きな3つの階段には
    先日レンタルした、折り畳み式のスロープを設置。
    父は、手すりを掴みながら、スロープをゆっくり上り
    玄関まで無事に辿り着いた。 本当にお疲れさま!

    体験デイサービス(中編)

    前編はこちら

    通所先に到着すると、父は車椅子に乗せてもらい
    手洗い&うがいを済ませた後、ザッと中を案内された。 
    風呂場は、あいにくリフォーム工事の真っ最中で
    中までよく見えなかったが、来週から使えるそうだ。

    フロアの中央では、昔の歌謡曲(昭和の懐メロ?)が流れ
    利用者さん達が、踊るように両腕を振っている。
    私達3人が、フロアの隅のテーブルに着くと
    介護スタッフの皆さんが、交代で挨拶に来られた。

    初めて目にする光景に、父は渋面を作っていたが
    それも長くは続かず、次第に瞼が下がってウトウト・・・。
    母と私が、父の普段の生活リズムや服薬について
    一通り説明を終えると、やがて昼食の時間になった。

    今日の献立は、焼きそば・ミニおにぎり・野菜の煮物・ムース。
    父は、自発的に食事することが出来ないので
    その旨を伝えると、調理場で短く切った焼きそばを
    介護スタッフさんが、父に食べさせて下さった。

    午後は、昼夜逆転している父の体力を考慮して
    おやつタイムまで、別室で寝かせてもらうことに。
    母が、最後まで見学したいというので
    私たち二人は、そのままフロアに残った。

    後編に続く

    体験デイサービス(前編)

    父がデイサービスを利用することになったので
    通所先のスタッフさんへのご挨拶も兼ねて
    父と母、私の3人で、一日体験に参加することに。
    母の希望で、昼食&おやつ有りのフルコースである。

    今回は、通所先の車が迎えに来るので
    門扉まで、家族が父を連れていく必要がある。
    また父が抵抗するのでは?と思っていたら
    案の定、機嫌が悪く、ベッドから出ようとしない。

    そうこうしているうちに、迎えの車が到着。
    私と母も乗るからか、送迎パスではなく普通車であった。
    慌てて父を急かしたが、身をよじって体を硬くするばかり。
    結局、母と二人で、強引に玄関まで引きずり出した。

    残る関門は、門扉までの大きな3つの階段である。
    訪問リハビリの際、手すりに掴まりながら
    階段を降りる練習をした成果が実って
    父は、何とか門扉に辿り着き、無事に乗車できた。

    中編に続く

    皮膚科検診(4)

    強皮症の定期検診のため、久々にC病院へ。
    痒疹の件で予約外受診した時は
    他の先生に診てもらったので
    主治医の先生に会うのは、半年ぶりである。

    ここ数か月、皮膚の状態については
    現状維持と言えるが、浮腫みやドライアイなど
    強皮症と関連の有りそうな症状が頻発したので
    質問したいことが、色々あった。

    だが、皮膚科の先生にとっては
    浮腫みもドライアイも、専門外の分野だからか
    教科書に載っているような解答しか得られない。 
    いくら経過観察の身とはいえ、何だか頼りなく感じる。 

    そもそも、C病院には膠原病の専門科がない。
    それ故、強皮症を皮膚科で診ているのだろうが
    膠原病は、免疫異常による血管の病気でもある。
    皮膚の硬化が遅くても、内臓が無事とは限らない・・・。

    前回の血液検査から1年以上経ち
    合併症も気になるので、再び検査を受けた。
    強皮症の場合、抗体値と病勢は無関係というが
    少しでも下がれば励みになる! 結果は一か月後。

    母の決意表明

    認知症の父が、要介護4に認定されたため
    ケアマネ・訪問介護所長・理学療法士・介護道具業者といった
    父がお世話になっている専門家4名が、実家に来られ
    私と母を交えて、今後についての会議が行われた。

    先日、母と口論になったことから
    たぶん今回も、デイサービスや訪問看護の利用を
    拒否するだろうと思っていたが、どういう心境の変化か
    「もう一人では無理、みんなの勧めに従う」と言い出した。

    母の突然の決意表明は、よほどのことに違いない!
    私だけでなく、他の方々も内心驚かれたに違いないが
    そこはプロ、老々介護の厳しさを誰よりもご存じなので
    母を労いながら、具体的な案を色々出して下さった。

    母自身は、施設入所まで考えていたようだが
    いきなり環境が100%変わることは
    本人はもちろん、家族にとっても負担になるので
    まず、週に一度のデイサービス利用から始めることに。

    そんなこんなで、さっそく一日体験の予定が組まれ
    私と母も、一緒に行って見学することになった。
    話が決まれば、母は自分自身に時間を割けるようになる。
    たった数時間だが、その意味するところは大きい。

    父は、刺激が増えて、認知機能が改善するかもしれない。
    何よりも浴槽で入浴出来るし、希望すれば散髪も可能だ。
    自宅では困難なことが、幾つも解決するのである。
    どうか、一日体験デイサービスが上手くいきますように♪

    身体の歪みを正す

    右下腿の痛みが、全身のバランスを崩しかねず
    自然に回復するまで、放っておけなくなった。
    だが、痛み止めの薬で、治るわけではないし
    また浮腫みそうな気がして、飲む気になれない。

    骨折がなく、打撲の傷も治った以上
    整形外科に通院し続ける必要は無さそうだ。
    そこで、長年お世話になっている接骨院で
    診てもらうことにした。

    先生は、私の骨格の有様を熟知しておられるので
    これまでの経緯をザッと話すだけでOK。
    治療後は、グラグラしていた骨や神経が
    本来あるべき位置に戻って、シャンとした感じ!

    予想外の力や不自然な体勢による怪我は
    鎮痛剤と安静だけでは、簡単に治らないようだ。
    1回の施術で完治するとは限らないけれど
    確かな手応えを得て、ホッとしている。

    子宮癌検診の結果 ’18

    先日の子宮癌検診の結果を聞くため
    近所の産婦人科に出向いた。
    頚癌・体癌、共に異常なし! 良かった~♪
    二年後に、また受ける予定。

    その産婦人科まで、徒歩7〜8分の道のりなのだが
    帰宅の途中、右足が腓骨に沿って痛み出した。
    その上、いつもの履き慣れた靴なのに
    右足の小指に靴ズレが出来て、これまた痛い!!

    結局、今日も右足を引きずって帰宅した。
    右足を庇って歩くうちに、姿勢がおかしくなったのか?
    それとも、転倒した拍子に、骨格が歪んでしまったのか?
    やっぱり、痛み止めを飲んだ方が良いのかな?

    無自覚の疲れ

    4週間前に傷めた右足が、多少痛みは有るものの
    普通に歩けるようになって、喜んだのもつかの間
    昨日から、首の周りに凄い寝汗が!
    真夏ならともかく、秋本番のこの時期に?

    今朝は、起床後もダルくてダルくて仕方がない・・・。
    咽喉の痛みも復活している。 血圧と脈拍は少々低め。
    風邪か?それとも低血圧? とりあえず
    排膿散及湯とビタミン剤を飲んで、様子を見た。

    午後は少し回復したものの、夕食後再び絶不調!!
    ちょっとソファに腰かけるだけで、気が遠くなっていく・・・。
    右足の件が一段落して、気が緩んだせいか
    無自覚の疲れが、一気に表に出たようだ。

    炎症傾向(2)

    下腿の浮腫みが一段落したと思ったら
    起床時の、手指と顔の浮腫みが再開した。
    手は終日そのままで、体内で何かが燻っている感じ。
    血圧は、上が110~120なので、頭痛には至らず。

    それとは別に、先週から喉が時々いがらっぽい。
    その度に「排膿散及湯」をトローチ代わりに舐めて
    症状を抑えてきたが、昨夜は歯茎も妙に過敏だった。
    季節の変わり目で、乾燥しているせいかな?

    父、要介護4になる

    先日の介護認定調査の結果、父は要介護4になった。
    これまでが要介護2だったから
    要介護3は堅いと思っていたが、いきなり4!
    車椅子の件が、決め手になったのかもしれない。

    支給される上限金額が上がるのは、有り難いが
    その分、各サービスの料金も上がるわけで・・・。
    しいて喜べることと言えば、特別養護老人ホームに
    申し込む資格(要介護3以上)を得たことだろう。

    現在の父は、ベッドの上でぼんやり天井を眺めたり
    とろとろと眠ってばかりで、めっきり口数が減った。
    日常生活においては、起立・食事・排泄・入浴など
    あらゆる面で介助が必要である。

    もう、通院すら介護タクシーを利用しなければ
    無理な状況なのに、母は往診を頼むどころか
    「週に一度の訪問リハビリを止めたい。
    デイサービスなんて、とんでもない!」と言う。

    そして「今まで五十年以上も連れ添ってきたのに
    最後に美味しいところ(父からの感謝?)だけ
    他人に持っていかれるのは我慢できない」と・・・。
    これも夫婦の絆だろうが、私には理解不能だ。

    「一人で大丈夫だから、迷惑はかけない」とか
    「あれこれ指図するなら、もう来なくていい」という
    母のお決まりの言葉にも、ウンザリしてしまう。
    自分自身の足腰に、ガタが来ているせいだろうか?

    疼痛の慢性化

    整形外科の薬を止めて、一週間が過ぎた。
    下腿の浮腫みは、以前の緩いレベルに戻ったが
    椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛のせいで
    まだ、右足を軽く引きずって歩いている。

    薬の服用を再開すれば、痛みが消えるかもしれないが
    痛みに対して鈍感になるだけで、本治ではないらしい。
    昨年から、薬の副作用に敏感になっているので
    我慢できる程度の痛みなら、飲まずにいようと思う。

    浮腫み解消

    両下腿の浮腫みが、あまりにも酷いので
    整形外科の薬の服用を、5日前に全部やめた。
    止めた当日は、薬効が残っていたのか
    あまり変化が無かったが、その後一転!

    パンパンに張りつめていた脹脛の皮膚が
    日に日に緩み、体重もほぼ元通りに♪
    偶然、浮腫みが引く時期と重なったのかもしれないが
    私には、薬が無関係とは思えない。

    だが、薬の副作用とも言い切れないのは
    左膝を捻挫した際も浮腫んだことを、思い出したから。
    あの時は、接骨院で治療を受けたので
    湿布はともかく、鎮痛剤の類は一切飲んでいない。

    そもそも、足の浮腫みに気づいたのは7月頃である。
    結局、元から軽い浮腫み(強皮症由来?)があったところに
    外傷による浮腫みが加わり、さらに薬との相性が悪くて
    ますます悪化した・・・そんな所じゃなかろうか?

    浮腫みの辛さからは解放されたが、薬を飲まないので
    坐骨か腓骨か分からないが、神経痛は相変わらず・・・。
    このまま、日にち薬で自然治癒を目指すべきか?
    後から貰った神経痛の薬に、再トライするべきか?

    子宮癌検診 ’18

    私の住む自治体では、子宮頸がんの検診を
    2年に1度、低額で受けられる。
    卵巣はもう無いが、子宮がまだ残っているので
    季候の良い今のうちに、検診を受けておこう。

    思い立ったが吉日!というわけで
    一昨年も検診してもらった、近所の産婦人科へ。 
    検診は予約制の所が多いが、こちらは不要。
    何時でも受けられるのは、本当に有難い♪

    問診で、この2年間の変化を聞かれたので
    強皮症の発病と卵巣摘出の件を話した。
    先生は、それらをカルテに書き込みながら
    主に手術について、幾つか質問をされた。

    その後、「子宮体癌が増える年齢なので
    そちらの検査も受けますか?」と言われた。
    従姉が、50代で子宮体癌の手術を受けており
    私も気になっていたので、二つ返事でお願いした。

    検査の後、今度は私から二つ質問をした。
    1.長引く浮腫みは、更年期の症状の一つか?
    2.骨量の低下は、卵巣摘出が原因か?
    答えは、1→NO/2→原因は1つではない。

    先生によれば、更年期という理由だけで
    浮腫むことはなく、何か他に原因があるという。
    骨粗鬆症は、私のレベル(同年代の89%)なら
    心配いらないが、生活改善で増やすのも難しいそうだ。

    今まで、子宮に問題が起こったことは無いけれど
    もともと癌の多い家系だから、油断できない。
    とはいえ、心身ともに負担のある検診。
    何歳まで受けないといけないのかなぁ・・・?

    住民健診の結果 ’18

    私とダンナが、首を長くして待っていた
    住民健診の結果が、ようやく届いた。
    オプションで受けた骨粗鬆症検査の結果も
    別便で同時に到着した。

    まずは、住民健診の結果から。
    私は、3年ぶりに全項目異常なし!
    ダンナも、糖尿病と腎機能以外は概ね正常値で
    めでたくメタボ脱却に成功した。

    骨粗鬆症検査は、同年齢階級別骨量との比較で
    私は、99%(昨年)から89%に下がり「やや減少」
    ダンナは、115%(5年前)から107%で「正常範囲内」
    私も5年前は118%だったのに、あまりの激減に大ショック!

    もっとも、私の場合、今回の検査項目に無いだけで
    実際には、幾つも持病を抱える身。
    一方、ダンナは、5か月で10キロの減量を達成し
    掛かりつけの内科では、お褒めの言葉を頂いた。

    腎機能の値も、僅かだが好転しており
    健康への意識も高まって、喜ばしい限りである。
    今月から糖尿病の薬が少し減って、薬代が下がった。
    この調子で病気が良くなれば、家計も助かるわ~♪

    階段にスロープ設置

    実家の玄関先の階段で、父と私が転倒して以来
    車椅子に乗ったまま、玄関から出られるように
    母、ケアマネさんと介護用品業者の間で
    折り畳み式スロープのレンタルが検討されていた。

    そして、届いたのは最大耐荷重300キロの製品
    普段は、二つ折りにして階段の端に置いておき
    使う時に開いて階段に乗せる。 かなり嵩高いが
    3キロと軽量なので、簡単に設置できそう。

    今日は、通院用に介護タクシーを予約してあったので
    父を玄関で車椅子に乗せ、さっそく利用してもらった。
    往路は下り坂なので、後ずさりの要領で背面から下りていく。
    けっこうキツイ勾配だが、練習すれば私にも出来そう・・・。

    問題は、復路の上り坂である。 ほんの数メートルだが
    父+車椅子の合計約70キロを押すには、筋力が必要だ。 
    運転手さんが、スロープの途中で一瞬止まりかけたが
    気合で乗り切って、玄関前まで車椅子を押し上げた。

    最後に、私にも出来るか聞いてみたが、即答で却下!
    そりゃそうだ・・・介護のプロでも、大変な作業である。
    足腰を傷めて、今や父を支えて歩くことすら無理なのに
    私は一体、何を考えていたのか・・・?

    眼科検診(23)

    B眼科にて、定期検診
     矯正視力測定 →両眼とも1.2
     眼圧測定    →右12、左12
     眼底検査    →問題なし
     
    転倒で怪我をしてから、浮腫みが酷いので
    目への影響を気にしていたが、特に問題ないようだ。
    ドライアイも、症状が落ち着いているせいか
    目薬を差すのを忘れるように・・・これって良い傾向?

    続きを読む

    浮腫で4キロ増

    打撲による痛みが、殆ど消えたので
    昨夜から、ロキソニンと胃薬の服用を止めた。
    坐骨神経痛に処方された2種類の薬は
    そのまま続けることに。

    ところが、目が覚めたら、後頭部がどんより重い。
    血圧を測ったら、正常範囲内ではあるものの
    普段より20ぐらい高かった。 
    顔もぼってりして、浮腫み解消どころではない。

    夜になるにつれ、浮腫みはますます悪化し
    体重は受傷前の4キロ増! 血圧は140超!!
    両下腿、特に右足が痛いほど膨張し
    ついには、皮膚がテカテカと輝くに至った。

    ロキソニンを止めても、浮腫が続くのは何故?
    薬効は、5~7時間だと思っていたが
    その影響は1日以上、あるいは
    体外に排出されるまで、続くのだろうか? 

    それとも、服用を続けている2種類の薬も
    浮腫みに関係しているのか?
    ロキソニンを止めたことで、反対の作用を持つ
    リマプロスト(血流改善薬)が、効きすぎたとか?

    素人の私には、何がなんだか分からないが
    薬が絡んでいることだけは、確かだと思う。
    とりあえず残りの二つも止めて、様子をみよう。
    今は、坐骨神経痛より、浮腫みの方がずっと辛い。

    打撲から2週間

    痛みは、さほど気にならないが、浮腫みが酷い!
    受傷前より3キロ増え、両下腿が膨張し(特に右)
    膝下から足背まで、ガチガチに強張っている感じ。
    右踵の内出血も、かなり広範囲で不安になる。

    そんなわけで、今週も整形外科を受診したが
    内出血は、想定内のことで心配ないそうだ。
    浮腫みの件は、外傷では珍しくないのか
    特に言及は無く、前回と同じ薬を処方された。

    薬局でも、浮腫みについて相談してみた。
    以前、卵巣の手術後に同様の症状が出たと話すと
    断定は出来ないが、ロキソニン原因説も有りうると。
    炎症も治まっただろうから、今度こそ休薬しよう!


    続きを読む

    打撲から十日

    受傷して十日経ち、患部の青あざは大方消えたが
    深いところで、まだ炎症が続いているようだ。
    足首や向う脛は、パンパンに腫れて熱を持ち
    踵は、内出血のせいか変色が見られる。

    最も痛むのは起床時で、薬も湿布も効かない。
    ただし、立って歩くと痛みが軽減することから
    本来なら排出されるべき水毒や瘀血が
    患部を圧迫して、痛むのではなかろうか?

    そんなわけで、昼間は何とか我慢できるのだが
    薬の効果が切れると、右下肢の外側が突っ張ったり
    脹脛に、引っかかるような痛みが表れるので
    外では杖を使うことにした。 完治はいつになるやら・・・。

    腰椎椎間板ヘルニア

    打撲の痛みは、だいぶ治まってきたが
    痺れるような痛みが、いつになく酷い!
    特に、脛の外側と足首の症状が強く
    歩行や車の運転にも、支障が出るほどだ。

    受傷から、ちょうど1週間経つが
    今の状況は、順調と言えるだろうか?
    痺れは怖い・・・こじらせたら大変なので
    連休明けを待って、整形外科を受診した。

    右下腿の痛みに加えて、右太腿の側面や背面も
    時々痛むことを告げると、先生は難しい顔に・・・。
    下腿は、打撲で腓骨神経を傷めたと思われるが
    太腿は、直接関係ないらしい。

    そこで今回、腰のX線撮影を実施したところ
    正面から見ても、横から見ても
    右側腰椎の椎間板が、とても薄くなっており
    腰椎椎間板ヘルニア」と診断された。

    接骨院でも、骨盤の右側の歪みを指摘されていたが
    まさかヘルニアとは、全く予想していなかった。
    5~6年前に他院で検査した時は、ギリギリながら
    一応セーフだったので、正直ショックである・・・。

    先生は、前回の薬に加えて、2種類を追加した。
    血流を良くする薬と、痺れを感じにくくする薬。
    普通に歩けない以上、仕方ないけど
    整形外科だけで4種類・・・いつまで飲むのかな?

    続きを読む

    介護タクシーの利用

    父と私が玄関先の階段で転倒したことを
    先日、母がケアマネさんに話したところ
    今まで通りの外出は危険、ということになり
    介護タクシーの利用を勧められた。

    介護タクシーの運転手さんは、ヘルパーの資格を持ち
    ベッド・タクシー間の移動も、サポートしてくれるという。
    義父の生前、介護タクシーを数回利用したけれど
    ケアマネさんに聞くまで、不覚にも知らなかった。

    通常の運賃に介助料金が上乗せされるため
    自家用車を使える人なら、とても高額に思うだろう。
    だが、歩けなくなった父を、抱えて運ぶこともできず
    母と二人で途方にくれたら、多少のことは平気になる。

    そして今日、通院のため、父は介護タクシーに初乗車!
    付き添いも二人乗れるので、ちょうど良い♪
    運転手さんと色々話して、母が気に入った様子なので
    今後もお世話になる予定。 これで、少し安心できそうだ。

    右足に坐骨神経痛(2)

    朝、目が覚めると、右足の疼痛が復活していた。
    やはり、一日で治るほど甘くはなかったか・・・。
    だが、痛む範囲は、昨日よりずっと狭く
    患部に近い脹脛から、足首の周辺まで。

    この辺りは、受傷直後から痛かった場所なので
    打撲により、直接ダメージを受けたと思われる。
    不自然な体勢などで間接的に負担をかけた場所には
    昨日のツボ押しが即効したようだ。

    打撲による神経損傷は、回復に時間がかかるらしい。
    以前、右足首を骨折した時は、ギブスが外れた後も
    痛みが完全に消えるまで、数か月かかった。
    神経の修復を促すために、ビタミン剤でも飲もうかなぁ。

    右足に坐骨神経痛(1)

    転倒から丸五日が過ぎ、右下腿の痛みは
    かなり治まってきた。だが、入れ替わるように
    右側の臀部から足背にかけて、痺れるような鈍痛が!
    おそらく、坐骨神経痛と思われる。

    坐骨神経痛については、以前ダンナが患った時
    あれこれ調べたので、幾らか知っている。
    ロキソニン等の消炎鎮痛剤が効かないことも
    冷やすより温めた方が良いことも。

    右下腿の患部は、直径約8cmの青あざが出来
    まだ少し痛むが、徐々に治っていくだろう。
    むしろ、坐骨神経痛の方が問題である。
    病院で治療しても、治るとは限らないのだから。

    とりあえず、今自分に出来ることと言えば
    ロキソニンを止め、HSP入浴法を再開すること。
    そして、ツボ押しでもマッサージでも体操でも
    片っ端からトライすることである。

    善は急げで、さっそくネットでツボ探し。
    なかなか良さげなサイトを見つけ
    ツボ押しやマッサージを、説明通り行ったら
    痛みが殆ど消えて、凄い効果に感動した!!
    プロフィール

    ローリエ

    Author:ローリエ
    =========
    50代、パート勤めの傍ら両親を介護する平凡な主婦。定年退職した夫と大学生の息子が一人。
    ここ数年の体調不良を更年期のせいだと思っていたら・・・。

    病状の記録が主な目的なので、コメント欄を閉じています。
    何とぞ御理解下さい。

    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブログランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    QRコード
    QRコード
    RSSリンクの表示